お客様の声

1ワンドットコムを利用していただいたお客様から届いたたくさんのお便りを紹介します!

1ワンドットコムを利用して犬をご購入いただいた全国のお客様からお便りが届きました!ここでは、いくつかのお便りを紹介させていただきます。
豆柴や柴犬など生まれたての子犬が全国の飼い主さんの元で可愛がられているのを知り、店長も喜びでいっぱいです。中には海外にお住まいの方、何ヶ月も前から豆柴をお探しの方など、様々なご事情を持ったお客様がいらっしゃり、少しでもお客様にお喜びいただけるよう、1ワンドットコムでは、誠意をもって対応させていただきました。
犬を買う期待や、オンラインならではの不安が軽減されるよう、1ワンドットコムでは、これからも更に便利で安心できるお店作りを目指します。
豆柴や柴犬、などの日本犬をお探しの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

2018-12-05
みくちゃんママからです。
新しいご家族のお仲間入りをした、みくちゃんです。 ご主人が黒の豆柴メスを希望なさっていて1ワンドットコムの出産情報で、みくちゃんを気に入ってくださいました。 ご注文をいただいてから受け渡しまでに、時間があったのですが、準備も早々と整えて、その間も指折り数えて対面を待ってくださり、、パーフェクトな受け入れ準備でした。 みくちゃんも、初日から夜鳴きもなくて、フードもパクパクと食べて、「可愛さ100%」と言って頂けて新しい家族として順調にスタートできました。
2018-05-05
源太君ファミリー
源太ちゃんご家族が、ご自宅でも受け渡しをご希望でしたので、お邪魔させて頂きました。 到着してスグに、新しい環境に源太ちゃんがスーっと自然に入っていく感じがしました。 以前にもダックスを3頭育てていて、その前は紀州犬を育てたベテランのご家族なので、犬の扱いを慣れていらっしゃるからだと思います。 源太ちゃんのお顔が愛らしくて、スグにメロメロになってしまったご夫妻でした。 ご主人が「次は絶対に日本犬」と決めていらしたようで、念願の日本犬で「仕事から早く帰ってきそうだねーーー」と嬉しそうな笑顔が印象的でした。 きっと上手に育ててくださることでしょう。
2018-01-25
くにおちゃんママからです。
和子さんにくにおちゃんをお届けするお約束の前日に、関東地方に大雪が降ったので、JRが動いているか心配したのですが、幸いに、JRも私鉄も20分位の遅延で済んだので、ホッとしました。 ご自宅が駅から近かったのでお邪魔させて頂くことになりました。大寒波のこの時期は説明の時間も、室外だと豆柴ちゃんのことが気がかりで仕方ないのですが、今回は助かりました。 和子さんは今まで常に「犬と供に生活」をしていらしたので、くにおあちゃんに注ぐ眼差しも本当に優しく、安心ができました。くにおちゃんは店長宅に居る間も、とても賢い子でしたので、これからも和子さんを守ってくれることだと思います。
2018-01-12
桃千代ちゃんパパからです。
桃千代ちゃんは、店長宅に到着してスグからトイレシートの上で排泄をしてくれて、賢い子です。 新しいご家族の元に到着してからは、ゲージが居住部分と排泄する場所が分かれているタイプのものを、購入してくださったので、お留守番の時でも、失敗が少なく、順調にしつけが進んでいます。 先代の犬が他界してから、それほど長い時間が過ぎていないのですが、寂しかったご家族のことを、充分に癒してくれる桃千代ちゃんです。
2017-10-11
琥汰郎ちゃんママ
Mさんは、豆柴のご紹介をしましたら、即決で「購入します」とご返事をくださいました。 琥太郎ちゃんのお誕生日とお嬢様のお誕生日が同じだったことと、鼻先の黒毛も含め、顔立ちが気に入って頂けたのです。 お届けした初日から、物怖じすることなく、フレンドリーな様子で、すっかりご家族のアイドルになっている琥汰郎ちゃんです。
2017-09-26
ランちゃんパパからです。
ランちゃんとゆずちゃんは姉妹なので一緒に羽田空港に到着しました。ブリーダーさんの元でも、一人で寝る練習をしてくださったので、どちらも初日から夜鳴きもなくグッスリと寝ることができました。Kさんご家族の元でも穏やかに過ごしていて、「頭が良くて賢い子ですね」と言って頂き、ありがとうございます。豆柴は子供さんとも仲良くなりやすい犬種なので、これからもご家族のアイドル犬となって、沢山の笑顔を皆さんにお届けできれば本当に嬉しいです。
2017-09-26
ゆずちゃんパパからです。
ゆずちゃんのパパは、犬を育てた経験がゼロでしたので、最初はだいぶ心配をなさっていたのですが、お届けしたゆずちゃんが、夜鳴きも無くて、快食。快便でとても元気な豆柴だったので、安心して頂けました。フードのことなども、スグに食べ終ってしまうので、大丈夫かご質問を受けたのですが、「大丈夫ですよ」と説明をしたら納得をしてくださいました。これからも、ゆずちゃんはスクスクと成長することでしょう。
2017-07-08
こむぎちゃんママ
豆柴のこむぎちゃんは、新しいお家に移動した直後は、ストレスから下痢をしてしまったのですが、その後は短い期間にオスワリ・マテ・オテなどを覚えて、無駄吠えも少なく賢い子に成長しています。トイレの躾には、試行錯誤なさって、お部屋全体にトイレシーツを敷いたり、ゲージから別の場所にトイレトレーを置いたり、工夫してくださり、今では70%がトイレトレーの上で排泄できています。こむぎちゃんがお嬢さんと息子さんの良い相棒となってご家族に笑顔を沢山届けてくれることでしょう。
2017-01-08
福助ちゃんパパからです。
Nさんは、わざわざブリーダーさんまで見学に足を運んで下しました。 奥様がお仕事で同行できなかったのですが、写した画像を見て、スグに気に入ってくださり、ご予約になりました。 お届けした福助ちゃんが運動能力が高くで、店長宅でもゲージの扉に体当たりして、外れてしまうハプニングがあったり、Nさんのご自宅でも、ケージに屋根がなかったために、上から脱走したり、活発な福助ちゃんです。 今はトイレのしつけの真っ最中ですが、早く覚えてくれるといいですね。
2016-12-12
大福ちゃんパパからです。
Nさんご家族が遠方から、わざわざお車で、店長宅までご家族4人でお迎えにいらしてくださいました。 二人の息子さんは、それはそれは嬉しそうな満面の笑顔で、大福ちゃんと対面でした。 写真を写すときも、早速お兄ちゃんの顔をペロリと舐めた大福ちゃんでした。 子犬ながらに「アッ。新しいお兄ちゃんだ」とわかっているのでしょうね。 こうした仕草を見るたびに、私は子犬の感覚の鋭さを感じてしまうのでした。 笑顔に溢れたご家族だったので、きっと大福ちゃんも穏やかな子に成長してくれることでしょう。
2016-12-06
ころちゃんパパからです。
ころちゃんパパは、最初から1ワンドットコムにだけ、問合せをして下さったそうで、ありがとうございます。 最初は赤毛の豆柴をご希望だったのですが、先に白毛の子の出産があり、その画像を見て可愛いとのことで、決めてくださいました。 以前から犬を育てたいと考えていらしたそうですが、いろいろな事情があって迎えることができなかったのですが、今回は待望の子犬を迎えて夢が叶った様子で、店長宅までお迎えにいらしてくださいました。ありがとうございました。
2016-12-05
キキちゃん・ララちゃんのママからです。
キキちゃんとララちゃんはご家族で京都駅までお迎えにいらしてくださいました。 新幹線の中では、どちらも大人しく寝ていてくれました。 息子さんには対面できる日を内緒にしてあったそうなので、待合室ではキャリーケースの中を覗き込み、興味深々でした 息子さんにとっては急に二人も子分ができたので、嬉しかったことでしょう 良い遊び相手になってくれることを願っています。
2016-07-10
光ちゃんママからです。
光ちゃんは、以前、豆柴を購入してくださったお客様からご紹介でしたので、最初に送信した画像では、まだ、お顔がはっきりしていなかったのですが、ご予約を頂きました。 最近は、何件も豆柴を購入して下さったお客様が、新しいお客様をご紹介して頂けて、本当に感謝しています。 今回もご自宅までお邪魔させて頂き、ゆっくりと説明させて頂きました。 キャリーケースから出して、対面したとたんに「わぁー可愛い・可愛い」とお嬢さんが大喜びをしてくださいました。 画像をご覧くださればわかりますが、とても美男子なので、大喜びはもっともだと思います。 メイちゃんとお誕生日が同じ、兄弟なのですが、どちらも美女・美男で、店長も嬉しかったです。 光ちゃんも、ご家族に笑顔を沢山届けてくれるハンサムボーイに成長することでしょう。
2016-07-10
メイちゃんパパからです。
メイちゃんを、ご紹介した時は、まだ生後3週間くらいで、目がやっと開いた時点でしたが、Fさんは即座に「ご予約」をしてくださいました。 その判断の速さが、こんなに可愛いらしくて、小振りなメイちゃんを迎えることに繋がりました。 ネット通販で、購入することに不安もあったそうですが、「お客様の声」のページを読んで、1ワンドットコムを選んで下さったそうで、本当に嬉しいことでした。 お届けの時も、ご自宅までお邪魔させて頂いて、トイレのアドバイスなどもゆっくりと、することが出来てありがたかったです。 Fさんのお父様も、最初から上手に抱っこをして、メイちゃんにメロメロな様子でした。 メイちゃんは、排尿も、スムーズにマスター出来て、お届けから1週間で、かなり上手に、ゲージの外のトイレトレイーの上で、してくれるそうです。 メイちゃんがF家のマスコットに成長するのが、楽しみです。
2016-07-06
こかげちゃんママからです。
黒の豆柴は、出産の数が少ないので中々ご紹介でできないのですが、今回は本当にタイミングが、ピッタリと合いご紹介できることになりました。見学のことが本当に急なお話しだった上に、高速道路が通行止めのアクシデントもあったのを、乗り越えて一生懸命に足を運び、苦労なさって対面してくださったので、こかげちゃんをお届けすることが出来ました。 ご主人は、都合が悪くて見学に同行できなかったので、すべてを奥様に任されたので、奥様は大変だったことでしょう。 こうしたご家族の熱意がなければ、こかげちゃんとのご縁はなかったものだと思います。 それと、以前に豆柴を購入して下さったお客様が、ご近所にいらして、「1ワンドットコム」を勧めてくださったことも本当に、ありがたいことと感謝しています。 こかげちゃんをお届けに行った日には、お嬢様お二人が楽しみにこかげちゃんを待っていらして、奥様もお嬢様達も、とても優しい話し方をなさるご家族でした。 こかげちゃんは、ブリーダーさんの所にいた時から兄弟の中でも食欲が旺盛な子だったようで、今も、フードのことで試行錯誤なさっています。 きっとスクスクと成長してく
2016-06-13
海斗君ママからです。
海斗君を新潟までお届けしたのですが、JRでも、新幹線でも鳴くことは1度もなく、大人しく過ごしてくれました。 もちろん説明の間も、ずーっと静かなままでした。 説明のあとに抱っこして貰ったのですが、可愛いお顔だったので、麻美さんはとても喜んでくださいました。 一番最初に紹介した画像を見たときは、正直、決めかねたそうです。お顔の印象が、自分が描いていたのと違いすぎたので、どうしようかと思ったそうです。 このことは、お客様から時折、意見を頂いているのですが、1ワンドットコムでは動画の提供もできませんし、本当に申し訳けないです。 「でも、少し成長したらお顔を変わるかもしれない」と考えて決めてくださったそうですが、ありがとうございました。 麻美さんが、そうした、想像力を豊かに働かせてくださったので、賢くて可愛い海斗君と巡り合うことが出来て、よかったですね。
2016-03-21
ちゃちゃちゃんママより
奈緒さんから豆柴のお問合せを頂いたときに、本当にタイミング良く赤の女の子がいたのです。こんなタイミングは滅多にないことですが、やはり奈緒さんとご縁があったのだと感じました。お問合せを頂いてから受け渡しまでは10日ほどのスピードだったのですが、気に入って頂けてよかったです。 ちゃちゃちゃんが、お嬢様の良い相棒となってくれ、家でよくおしゃべりをして、よく笑うようになってくれたそうで、何よりも嬉しい知らせでした。 お嬢様がお嫁に行く頃までちゃちゃちゃんが、見守ってくれることでしょうね。
2016-03-11
睦月ちゃんママです。
黒の豆柴の人気が高くて、なかなかご紹介ができないのですが、Kさんはご紹介をしたら、スグにブリーダーさんまで見学に足を運んで下さり、睦月ちゃんを予約してくださいました。 移動の途中や、Kさんに説明をしている間も、賢く過ごすせた睦月ちゃんでした。 睦月ちゃんのママは、まだ新婚さんのような雰囲気を持った方なのですが、子供さんを3人も育てていらっしゃると、伺ってビックリしてしまいました。 子供さんとも、良い関係が築けているようで、遊びの時間になると、一緒にかけずり回ったり、睦月ちゃんがトイレを失敗すると、子供さんが自主的にお掃除をしてくれたりで、ママを助けてくれるそうです。 そうした、子供さんの心の成長に役立っているお話しを伺うと、嬉しくなってしまいます。 睦月ちゃんもお腹をだして遊んでいるので、益々ご家族の皆さんが大好きになってくれることでしょう。 これからも、睦月ちゃんと一緒にKさんのご家族が笑顔がいっぱいの日々が過ごせますように!
2016-03-09
小太郎ちゃんママより
Fさんは、画像をご紹介したらスグにご主人と奥様がブリーダーさんまで片道3時間以上かかるのですが足を運んでくださり、小太郎ちゃんを迎えることを決めてくださいました。お届けの時もご自宅までお邪魔させて頂きありがとうございました。 「やはりブリーダーさんで見せて頂くと安心ですよね」と奥様がおっしゃっていましたが、見学をしてくださると親犬も見て頂けるので、安心度がかなり高くなりますね。 お届けした時も、1度対面しているので、親近感が深い様子で抱っこをなさっていました。 小太郎ちゃんのために準備されたゲージも、トイレが独立したしっかりしたもので敷かれた毛布も心地良かったようで、頭をのせてスグに気持ちよさそうに寝っていました。 後で伺ったのですが、初日から、夜鳴きもせずに寝てくれたそうで、よかったです。 店長宅に居た時とは大違い(笑)で安心しました。 Fさんのお宅が、とても居心地が良かったのでしょうね! 小太郎ちゃんもFさんのご家族も、沢山、楽しい日々を過ごしてくださいね。
2016-03-02
こむぎちゃんママからです。
Sさんはご家族で、ブリーダーさんまで足を運びこむぎちゃんを迎え入れてくださいました。 もう10日ほどが過ぎましたけど、大人しい性格で、トイレも排尿はスムーズにできて、殆ど手間がかからなくて順調なこむぎちゃん育てができています。 犬を育てた経験がないので、奥様が心配なさっていたのですが「案ずるより産むが易し」とはこのことですね。 Sさんご一家でも、この先、こむぎちゃんが子供さんたちの心に安定に大きな力を発揮してくれて、優しい大人に育つ手助けをしてくれることでしょう。
2016-02-24
りょうまちゃんママです。
Fさんからお問合せを頂いたタイミングと、ブリーダーさんから白毛の豆柴の目が開いた画像が届いたのとピッタリ一致していたのです。 それで、りょうまちゃんが到着してみたら、とても育てやすいタイプの豆柴ちゃんだったので、初めて犬を育てるFさんにピッタリの子でした。 最初の数日間はトイレの失敗があったのですが、1週間で大体覚えてくれて、新たな発見がある毎日を過ごせたようで、喜んでくださり、 私も、嬉しかったです。 少し、おっとりしたタイプのりょうまちゃんですが、逞しいネーミングを貰っているので、これから、ドンドン変化してくるかもしれませんね。 楽しみです。
2016-02-20
福ちゃんママです
福ちゃんをお届けしたときは、Yさんご一家のご主人と奥様と息子さんの3人でお迎えにいらしてくださいました。 息子さんに抱かれたら、ピッタリと胸にくっついて、少しずつ顔の方に近寄っていき匂いをクンクンしたり、甘えたい様子を表していました。息子さんは「緊張しちゃうなぁ」としっかりと抱きしめてている様子が印象的でした。 Yさん宅では以前育ていたラブラドールが16歳まで長生きしたそうなので、上手に育てていらしたのでしょうね。 自然に後ろ足が立てなくなったりして、心の準備ができてから、他界したそうなので、飼い主からすると幸せだったかもしれませんね。 福ちゃんも、ラブちゃんより長生きをして、名前の通りにご家族の皆さんに「福」を届けてくれることを願っています。 お手紙の中に書かれていましたが「店長がお届けします」の文章が印象に残り、1ワンドットコムを選んでくださったそうなので、嬉しく思いました。 動物愛護法が改正になってから、ペットの受け渡しには対面して説明することが義務つけられているのですが、ペットショップのように店舗を構えていてお客様がいらしてくださる訳ではありませんので、
2016-02-15
ゆづきちゃんママより
12月22日生まれの兄弟の仲で、ゆづきちゃんは一番体が小さかったので、自宅を出る頃の寒さが気になりましたが乗り物の中は、全部暖房が充分だったので助かりました。 Kさんのご家族は動物好きでいらして、いまもミックス犬とアライグマを育てていらっしゃるそうなので、ワクチンのことなども良くわかっていらしたので、説明が早く終わりました。 まだ、小さいので抱っこされて、怖がるかと思ったのですが、震えたりもしないで大人しく抱かれていたゆづきちゃんでした。 性格が優しそうなゆづきちゃんなので、きっと先住犬とも仲良く過ごせることでしょう。
2015-12-13
サニーちゃんママです。
サニーちゃんの新しい住まいは石垣島なのですが、受け渡しはご家族の方が羽田空港まで、お迎えにいらしてくださり、本当に有り難いことでした。 Eさんは指折数えて、この日を待っていらしたので、前日からドキドキモードでいらしたようです。 飛行機で移動するので、サニーちゃんへの負担も心配なさっていたのですが、沢山の子犬が無事に飛行機で異動しているので、心配はいらないことを、事前にお話しさせて頂きました。 この、真冬に時期、フライトで北に向かうのは、子犬も寒い思いをしてしまいますが、今回は南に向かうので、安心でした。 新しいご家族の仲間入りをしたサニーちゃんは、最初から排尿はだいぶ上手にできたので、排便を教えることに専念なさっている様子です。 飛行機での異動のストレスもなくて、快食・快便で過ごすことができて何よりだと思います。 温暖な気候の島で、健やかに成長するサニーちゃんが楽しみです。
2015-11-30
ななちゃんパパからです。
ななちゃんは、息子さんがお問い合わせを下さったのですが、育てるのはお父様になります。 過去にも、柴犬を育てていらしたのですが、「今度は白の小さい子がいい」とのことで、ネットで1ワンドットコムを探してくださいました。 年間でも数回しか、白の豆柴は生まれないのですが、タイミング良く出産があって、ご紹介できたのは、やはりSさんとご縁があったからだと思います。 お届けをして10日ほど過ぎたときに、ななちゃんの写真を何枚も送って下さったのですが、そのお顔がしっかりしているには、驚きました。 お父様が子犬の扱いに慣れていらっしゃるので、ななちゃんも健やかに成長しているのだと、嬉しくなりました。 ななちゃんの存在が、お父様の生活の大きな張り合いになっているようですので、これからも楽しい日々を過ごしてくれることを願っております。
2015-09-13
元太ちゃんママより
元太ちゃんは、本当に活発な子で頭も良い子です。 柴犬なのですが、体も小振りで豆柴のような体重でした。 初めて、パパやママに抱っこしてもらったら、お顔をペロペロと舐めてフレンドリーな一面を見せていました。 これからも、Tさんのご家族にたくさんの笑顔を届けてくれることでしょう。
2015-09-05
美智子さま
美智子さんは、ご実家のお母さまと妹さんにプレゼントをするために、豆柴をお探しでした。 その途中段階として、私と電話で話しができたので、購入なさる方だけでなく、販売をする側も安心度が増すのですね。 やはり、冷やかしのお客様でないか、真剣に探している方か判断がつきますし、メールでは長文になってしまう、説明も短時間でさせて頂くことができるので、お互いにメリットは大きいと感じます。 美智子さんも、電話でお話しをした後には、スグに決めて頂けたので、良かったです。 まるちゃんの受け取りには妹さんが、いらしたのですが、犬に対して経験がないので、不安そうでしたので、丁寧に説明をさせて頂きました。 受け渡しの後も、数回、トイレのことや便のことでご相談がありましたが、1週間でスムーズなまるちゃんとの生活ができているようで、安心したのと同時に、お母さまにも喜んで頂けて良かったです。
2015-08-10
まりちゃんパパより。
Sさんは、出産情報の画像を新規に掲載しましたら、スグにお問合せをくだいました。 小振りの柴犬もご紹介したのですが、「豆柴の女の子が気に入りました」とご返事を下さり、 予約の手続きまでスピード感があり、スムーズに進みました。 まりちゃんを羽田空港にお迎えに行ったら、900gの本当に小さな女の子がパッチリした目で私を迎えてくれました。 フードもパクパクと食べて、私の言葉がわかるような表情をする賢いまりちゃんで、トイレもすぐに覚えました。 Sさんのお宅でも、トイレが最初から上手にできて、夜鳴きもしなくて、何の心配もないまりちゃんです。 この先も、Sさんのご家族の大きな楽しみとなって、皆の笑顔がたくさん増えるような存在になってほしいと願っています。
2015-07-27
バクちゃんパパより
お客様の声にも記入してくださいましたが、画像や動画でご紹介したバクちゃんより、実際に対面したほうが、写真よりも数倍可愛らしく、感じて頂けて嬉しです。 実際に対面するまでは、期待と同時に不安も持っていらっしゃるのは、どのお客様も同じなのです。 できるだけ、動画なども可愛らしく写してあげるのが、店長として大切な仕事の一部ですね。 バクちゃんママは、対面した瞬間から「可愛い!可愛い!」と全身で喜びを表してくださいました。 ご自宅に戻ってからも、手放すことができなくて抱っこをたくさんしてあげたそうです。 もともと、トイレもスグに覚えて賢いバクちゃんだったので、抱っこされる楽しさを、半日でマスターした様子でした。 その次の日も、甘えたいモードが強く、鳴いたりしたのですが、そこはパパの出番で、甘やかさない方向に向けてくれました。 頭の良いバクちゃんなので、いろいろなことを教えてあげれば、どんどんマスターしてくれることと期待しています。
2015-07-27
つばきちゃんママからです。
つばきちゃんのご家族も遠方にお住まいでしたので、長時間の移動でしたが、まったく鳴くこともなくて大人しいままでしたが、ケースから出ると、チョットだけブルブルとしていましたが、スグに収まりました。 豆柴を探してイオンモールで、見つけたそうですが、ものすごい高額だったことと、すぐに売薬済みに変わっていたので、お店で探すのは諦めて、ネットで探す方法に変更をなさったそうです・ やはり、はなちゃんと同じように、Kさんにペロペロして愛嬌を振りまくので、可愛い姉妹だと感じました。 Kさんもつばきちゃんのことは「一目惚れ」の感じでご予約を頂いたのですが、それにふさわしい、豆柴だと自信を持って、お勧めできる姉妹達です。 ご夫婦と一緒お母さまもいらしていたのですが、お仕事に行くご夫婦にかわって、つばきちゃんのお世話をするようなので、「余り肩に力をいれないように」とお伝えをしてきました。 つばきちゃんがご家族の中心的な存在のなりそうな、暖かい雰囲気の中でお別れをしてしてきました。
2015-07-20
花ちゃんママより
智子さんと、最初に電話でお話をさせて頂いたときに、ご紹介の花ちゃんが、ご予算よりも、販売金額が高かったので、ご予約を頂けないかと思いましたが、数日後に電話を下さり「お願いします」とのことで、予約をしてくださいました。 この姉妹も、サイズ面はもちろん小振りなのですが、歓心してしまうほど、性格の良い豆柴なので、ご予算を工面して頂ける方に、自信をもってお薦めしたかったのです。 ご夫婦でお迎えにいらしてくださり、抱っこしたらスグに花ちゃんが智子さんのお顔をペロペロとして、親愛の情を示したので、とても嬉しそうな智子さんの表情が印象的でした。 この瞬間に「お届けして良かった!」とこの仕事にやりがいを感じる一瞬です。 花ちゃんがFさんご家族のベストな仲間として成長してくれることを楽しみにしています。
2015-06-18
小鉄ちゃんママより。
最初に小鉄ちゃんを紹介した時に、豆柴のオスの子犬が、複数頭いたのですが、即座に「この子」と決めてくださいました。 いろいろ迷ったりせずに、直感で決めてくださった場合は、飼い主の方と豆柴ちゃんに、深いご縁があったのだなぁ~と感じてしまいます。 小鉄ちゃんのママは、ブリーダーさんと同じ県内に住んでいましたので、お迎えをお願いしました。 お迎えの直後から、いろいろと相談のメールを頂いたのですが受け渡しの直後に、ご家族の方が長時間、留守にするから「一人で可哀想だから一緒に連れて行ってよいですか?」と質問をうけたのですが、「一人で留守番できるので、家で過ごさせてください」と回答をしました。 これは、子犬の体のために、静かな環境が大切な時期だったので、質問してくださって、本当に良かったと思いました。 お客様が相談してくださらないと、こちらも回答のしようがありませんので、尋ねてくださるほうが、大歓迎です。 そのあとも、質問にアドバイスをしているのですが、喜んで頂けて、私も嬉しいです。
2015-06-05
ハナちゃんママより。
Oさんと1ワンドットコムが、ご縁ができるまでは、少し時間がかかりました。やはり、対面しないで購入なさることに、とても不安を持っていらしたことと、1ワンドットコムで子犬の動画の提供ができなかったことも、大きな原因に一つだと思います。不安が大きいお客様に販売すrことは厳しいと感じたので「やはり対面できる豆柴をご購入頂くのが良いと思います」とメール返信をしました。 それから、少し時間が流れてから再度Oさんから連絡がありました。 正直、店長としても販売するこよに不安でしたが、今となってはOさんの決断に感謝しております。、
2015-05-28
そらまめちゃんママです。
そらまめちゃんの受け渡しに、本当でしたら、店長がお届けに伺い、お会いしてから受け渡しをしたかったのですが、航空運賃が高くなってしまうので、今回は九州の知人の方で動物取扱業の資格を持っている方に、立ち会いのお願いをしてしまいました。 知人の方は、とても親切で人当りの良い方なので、会話も弾みお客様にも喜んで頂けて良かったです。 今日は、朝が早かったので、可哀想ですが朝食は食べないで出かけたのですが、最寄り駅に到着したら、ケースの中に便を沢山していたので、トイレでシートの交換をしました。 朝スタートしてから、合計で8時間くらいの移動でしたのから、今はグッスリと寝ているそうです。 それでも、家に到着して抱っこしたら、Nさんのお顔を舐めて、少しだけ甘噛みをしてくれたそうなので、そらまめちゃんもホッとしたのかもしれません。 ゆっくりで良いので、Nさんのご家族のお仲間入りを上手にしてほしいですね。
2015-05-21
そらちゃんママより
そらちゃんの受け取りのために、ママは店長宅まで車で、お迎えに来てくださったので、とても助かりました。わざわざありがとうございました。 1週間前に、御主人と3人で見学にいらしてくださり、気に入っていただけて即決でした。 ネーミングも息子さんがいろいろと迷われたようですが、そらちゃんに決まりました。 「1週間前よりちょっとだけ大きくなってるね」と体の変化に気が付いたようでした、気が付いた通りに100g増えているのです。 このブリーダーさんの子は、早い時期からカリカリフードを食べさせているので、フードをふやかす必要もなく、パクパクと食べてくれ、快便で夜鳴きもなかったので、育てやすいことでしょう。 帰るときに、雨が降っていたので車まで道を、私が傘を差し出したのですが息子さんは、自分の上着をサッとそらちゃんのケースにかけて、運んでいました。 早くも、心優しいお兄ちゃんぶりを発揮していました。 息子さんはサッカーの練習や試合もあり大変なのですが、しっかりとそらちゃんのお世話もしてくれることでしょう。 それで、受験勉強で疲れたときなどはそらちゃんが癒し
2015-05-10
レオちゃんママより
レオちゃんは、ご実家のご両親にプレゼントのために、豆柴に白羽の矢がたちました。 お母さまは豆柴ちゃんの名前をいくつも考えていらしたのですが、お父さまが「レオがいい」とのことで、女の子ですがレオちゃんに決まったそうです。 Tさんご家族のお住まいは鳥取県なのですが、そこまでお届けすると日帰りが厳しくなってしまうので、お願いをして新倉敷の駅まで、足を運んで頂きました。 レオちゃんは家を出てから、到着まで1度も鳴かないでとてもおりこうさんに過ごせました。 ご家族の初対面の第一声は「小さいね!」でした。お顔も可愛いしとても気に入って下さって嬉しかったです。 あとから、メールが届き、「レオちゃんは人みしりをすることもなく、おもちゃを齧って元気に遊び、お母さんにも、可愛いくて喜ばれました」とのことで安心しました
2015-05-08
ポチちゃんママより
ポチちゃんをお届けのために、中央線の特急あずさに乗車しました。、やはり土曜日の早い時間帯のため、自由席の空席はわずかしかなくて、やっと座れるような状態でした。 網棚には色とりどりのリュックがたくさん並ん置かれていました。 Kさんご家族は以前には、シェルティーを2度、育てていらしたそうで、我が家も初めて育てた犬がシェルティーだったので、その話題で話しに花が咲いてしまいました。 でも、可愛くて甘やかして育てた部分もあるようでしたので、フードも人間用のあかずなどは、決してあげないように、お願いをしてきました。 2歳になるお孫さんもお菓子などを上げないように、お願いをしてきたので多分大丈夫だしょう。 Kさんの御主人は外科のお医者様で奥様は耳鼻科で息子さんは歯医者とのことで、なんか心強くていいですねぇ。 Kさんが心配なさっていたのは、今、飼っている猫と仲良くできるか、きになさっていましたが、その後にメールでは、そこそこ仲良くできているようでした。
2015-05-06
ころ助ちゃんパパより
ころ助ちゃんのお届けは、三浦半島方面のご自宅までおじゃまさせて頂きました。 閑静な住宅街にFさんのお宅はあり、2階のリビンの窓際のステキな場所に、ころ助ちゃんのハウスも準備されていました。 それ以外にも、可愛い食器やおもちゃや、ボーロも2種類とドッグミルクなども、完璧に準備されていて、ころ助ちゃんの到着を待つばかりに整えられていました。 ころ助ちゃんは、移動途中もFさん宅に到着してからも、1度も鳴くこともなく、新しいゲージの中で「ここはどこかな?」とか「お屋根がついているな」とか観察をしている感じがしました。 お手紙にも記入していただきましたが、「投稿者の目^るにも思いやりが感じられました」とのことで嬉しく思います。 これからも、まめ助ちゃんお健やかな成長を願っております。
2015-04-29
ひなちゃんママより。
3月3日生まれなので「ひなちゃん」とのネーミングなのですが、とても活発で運動神経の良いひなちゃんです。 自分の背丈の倍以上もあるゲージですが、朝、目がさめて覗いてみたらゲージの中が空っぽでドッキリとしてしまいました。 これは、新しいご家族の元でも、同じようにゲージをよじ登って脱走をしたので、屋根を付けたら、今度はゲージの下のほうから脱走をしてしまうそうです。 もっと大人になったら、アジリティーなどの運動系の大会などに、参加をしたら、スバラシイ成績を残すタイプの子だと思います。 これからの、ひなちゃんの成長に期待をしたいと思っています。
2015-04-20
ももえもんちゃんママより
3月に黒の豆柴をご希望で、お問合せをくださったのですが、なかなか黒のご紹介ができなくて「白毛の豆柴でしたらご紹介ができますが」と連絡をしましたら、ご主人が白毛の子も気に入ってくださり、新しいご縁ができました。 以前にも紀州犬を育てていらした経験がありますので、スムーズに子犬育てがスタートすることでしょう。 こうして、気候の良い時期に、お車でお迎えにいらしてくださると、ブリーダーさんから直接手渡しで受け取って、子犬への負担も少なくて、一番ベストな方法かと感じています。 受け渡し後も、Sさんは電話連絡をくださり、楽しそうにももえもんちゃんの様子をお知らせくださるので、すっかり家族の一員になっているのだと感じます。
2015-04-12
大和ちゃんママです。
大和ちゃんママは以前にも、柴犬を育てていらしたのでやはり犬の好きなものをよく、わかっていらっしゃり、キャリーケースの中にコングにフードを入れて持参なさっていたので、最初から大和ちゃんは、夢中になっていました。 先代の柴犬が体重が15キロほどあり、晩年の介護のときに腰を痛めてしまったので、今度は豆柴に決めていらしたそうです。 ペットショップなどにも頼んだそうですが、やはり入手は困難なようだったので、ネットで探して1ワンドットコムとご縁ができました。 先代の子に写真も、いつも持ち歩いていらして、私にも見せてくださいました。 本当に日本犬が大好きなママの元で、大和ちゃんも幸せな日々が送れることでしょう。 元気の塊のような大和ちゃんの成長がとても楽しみです。
2015-03-28
チコちゃんパパより。
Tさんはチコちゃんを迎えるためにペット可のお住まいに引越しなさったのですが、とても恵まれた条件の物件を見つけられていました。 マンションの横がペットショップとペットホテルで、道路の向かい側が獣医さんで夜の9時までオープンしている、心強い環境です。 お部屋もチコちゃんのために、一部屋準備されていて、電機コードやコンセントには、きちんとカバーがしてあり、汚れたペットシーツをいれる容器も準備してあり、完璧な準備をなさっているのには驚きました。 そして、お手紙の追伸に「チコちゃんとの出会いは人生を変えました」との記入がありました。 毎日、朝は1時間早く起きるようになり、チコちゃんのお世話があるので残業を減らして、健康になっている実感がるそうです。 チコちゃんも、初日からTさんに懐いていますし、Tさんは健康な生活を送っていらしゃるようで、私も嬉しい限りです。
2015-03-25
雪姫ちゃんパパより
Sさんがお問合せを下さったタイミングがベストだったので、雪姫ちゃんをご紹介することができました。 お客様が思案している数日の間に、新しい飼い主の方が決まってしまうことも、多くあるのです。 Sさんの場合も出張が多いことなどハードルがいくつかある様子でしたが、決断を早くしてくださったので 雪姫ちゃんを、お届けすることができました。やはりご縁があったのだと思いました。 お家が海の目の前と言う素晴らしい環境に中で、さらにアウトドアー派のパパの元でどんな子に育っていくのか、とても楽しみです。
2015-03-21
小春ちゃんパパより
小春ちゃんの受け渡しは、私にも忘れられないお届けとなりました。 それはNさんが、豆柴を受け取るまでに最長にお待たせしてしまったお客様だったからです。 本当は、もう2ヶ月前にお届けできる予定でしたが、こちらの手違いで、延期になってしまったからです。 延期になったことを、お知らせする電話もドキドキしながら、伝えたのですがNさんは「ハイ、わかりました」とおっしゃっり「次回、又、連絡をください」で終わりました。 気持ちとしては、とてもショックだったでしょうが、その時に「本当にいいお客様なのだ」と痛感をしました。 それで、やっと3月にNさんの胸に小春ちゃんを抱いて頂くことができました。 受け渡し後に、フードに分量のことなどで連絡をしましたら「様子をみながら少しずつ増やしています」とのことでした。 小春ちゃんは、こんなに誠実なパパの元で、健やかに成長をしてくれることでしょうね。
2015-03-17
わびすけちゃんママより。
わびすけちゃんは、生後60日頃に受け渡しができるかと思ったのですが、体が小さかったので生後75日での受け渡しになりました。 ご家族は富山県にお住まいですが、御主人と奥様とお嬢様がお車で、長野駅まで足を運んでくださって、本当にありがとうございます。 長野までの移動途中でも1度も鳴かないで、大人しいまま到着をしました。 一緒に居た兄弟とも今日、離れたのですが、まったくマイペースなわびすけちゃんで、体は小さいけど大物感がありましたね。 「わびすけちゃん」と言うネーミングは珍しいのでお尋ねしたら「皆で話しあっているうちに決まりました」とのことでしたが、日本犬らしくていいネーミングですよね。 対面したとたんに「小さーい」とおっしゃっていましたが、もうスグにM家のアイドルになる予感がいっぱいのわびすけちゃんでした。
2015-03-08
福太郎ちゃんパパより
Nさんは店長と同じ市内にお住まいで、電話を下さったタイミングが丁度良くて、店長宅に豆柴のオスの見学に来てくださり、即決でご予約をしてくださいました。 そのあとも、豆柴のオスをご希望のメールが何件も頂いてのですが、残念ながらオスの子はいないので、Nさんは本当にご縁があったのだと思います。 福太郎ちゃんお胸に抱いた息子さんは、もう満面の笑みで「嬉しくてたまらない」と顔に書いてありました。 この先は息子さんと福太郎ちゃんは一緒に成長してくれることでしょう。
2015-02-23
ころすけちゃんママからです。
Sさんは、わざわざ店長宅までころすけちゃんのお迎えに来てくださいました。 寒い地方に行くのに、車で暖かいまま移動ができた、ころすけちゃんは幸せものです。 Sさんは長野県から静岡県のブリーダーさんに見学にも行ってくださった熱心な方です。 本も読んで勉強もちゃんとなさっている様子が会話をしていても伝わってきました。 最近はゲージから出たいと「出してよコール」で鳴くことも増えてきたころすけちゃんですが、今日は静かに待っていました。 Sさんところすけちゃんとの、幸せな日々を願っています。
2015-02-20
こまちちゃんパパからです。
Kさんのご家庭には2歳と4歳の男の子がいますので、受け渡しのときにも少し、心配があり、「今日、明日は静かに休ませてあげてください」とお願いをしたのですが、心配は無用だったようでした。 息子さんが新幹線が大好きで、愛犬の名前を「こまちちゃん」ともネーミングになったのですが、とても仲良く過ごせているようです。 これからも、Kさんご夫婦と息子さん達とこまちちゃんで、明るくて楽しい家庭が築かれていくことでしょう。
2015-02-01
豆助ちゃんママより。
雪深い、越後湯沢まで豆助ちゃんをお届けしました。 移動途中も、大人しくて殆ど寝ていてくれました。 お迎えには、Hさんと息子さん二人もいらしてくださり、お兄ちゃんは優しい心の持ち主なのですねーー 説明をしている待合室の中でも寒かったので、豆助ちゃんのキャリーケースに、自分の着るていたコートを脱いでかけてあげたのには、関心しました。 Hさんから先ほど、メールを頂き、食事もペロリと食べてくれて、良く寝て、やんちゃもして、すでにH家に馴染んでいるようで良かったです。
2015-01-10
こきんたちゃんのパパより。
Yさんは2013年11月に始めて、1ワンドットコムの「お問合せ」をくださいました。それから、お渡しできるまでに1年もの年月が流れてしまったのですが、辛抱強くお待ちくださって、心から感謝をしております。 12月は遠方にお届けのお客様も多くて猫の手も借りたいほどでしたのでした。 Yさんが雪深い地方にお住まいでしたので「雪は大丈夫かしら?」と心配していましたら、お仕事で東京にいらしたタイミングで、受け渡しでき、まして1ワンドットコムの最寄り駅まで足を運んでくださるとわかり、とても助かりました。 こきんたちゃんは、移動の直後に体調を崩し、心配をおかけして申し訳けなかったのですが、幸いに犬育ての経験者の方だったのが幸いして、無事にのりきってくださいました。 こきんたちゃんは今は室内で、元気な日々を過ごしていますが、暖かい春がきて、思い切り走り回る姿が楽しみです。
2015-01-05
和尚ちゃんママからです。
Tさんは、クロの豆柴の「お探し登録」をしてくださったのが、昨年の6月初旬でした。 途中で生まれたクロが女の子だったりして、お届けできるまでに半年以上も待ってくださり、本当に感謝をしております。 今回もTさんのお住いまでお邪魔させて頂きましたが、マンションの高層階だったので、ガラス窓越に太陽が降り注ぐベストな環境の所にゲージが準備されていました。 店長宅に居たときは「、ゲージから出してほしい」コールが激しかったのですが、緊張しているためか、本当に静かにゲージで過ごす和尚ちゃんでした。 奥様のご実家でも犬を育てていて、愛犬は自宅で出産もしたそうでお二人とも、和尚ちゃんの到着を楽しみになさっていた様子でした。 想像していたよりも小さかったようで「ちっちゃいねぇ!」とおっしゃりながら抱っこをしてくださいました。 ご夫妻の中に、ちょこんとお仲間入りをした和尚ちゃんですが、お二人で力をあわせて、きちんとしつけをしてくださるような感じがしたので、しっかりした子に育ってくれることでしょう。
2014-12-28
茶豆ちゃんママより
茶豆ちゃんは生後3か月を過ぎているのですが、体重が1.7キロと小振りな豆柴です。 活発で無駄吠えがなく、育てやすい子なので新しいご家族のお仲間入りも、スムーズにできることでしょう。 あと、5か月もしたら大人に体なのでどのくらいのサイズになるか楽しみです。 「いろいろと豆柴を探しましたか?」とお尋ねしたら「ペットショップで売っていたけど35万でこの子よりも大きい子でした」とのこと。 最近は何人もの方から、そんな価格を聞いています。私はまだ見たことがないのですが、豆柴を探しているお客様の言葉ですからね。 1ワンドットコムでは、お求めやすい価格で、出処のはっきりとした豆柴をお届けして、必要な方には飼育アドバイスもして、お客様に喜んで頂ける販売方針をこれからも続けて行けることを願っています。
2014-12-29
殿ちゃんママより
豆柴の殿ちゃんのご家族は、函館にお住まいなので今回は、函館までお届けでした。 以前から、豆柴を育てることがご主人の念願だったのですが、奥様がこっそり予約をなさってクリスマスプレゼントに差し上げたのです。 ご主人も本当に喜んでくださった様子で、遠方までお届けしたこちらも嬉しくなりました。 店長宅でも、マイペースで落ち着いた感じの殿ちゃんですが、新しいご家庭の仲間として、存在感を発揮できるといいですね。
2014-12-26
さくらちゃんパパより
さくらちゃんパパはお問い合わせを下さってから決断までの期間が短くて、すぐに「この子でお願いします」とおっしゃってくださいました。 この早さのお蔭で、さくらちゃんをお届けできて小学生のお嬢様からも、喜んで頂けたので、良かったと思います。 決めて下さった翌日に「年末までに豆柴・アカ・女の子がどうしても欲しいのですが」と他のお客様からお電話を頂きましたが、もうさくらちゃんのお家が決まった後でしたので、ご紹介はできなかったのです。 パパは初めて犬を育てるので、不安はお持ちでしたが、さくらちゃんはきっと良い子に成長してご家族のアイドルになってくれることでしょう。
2014-12-18
りきちゃんママ
Yさんは、ご紹介した時に、りきちゃんの画像を見てすぐに気に入ってくださり、即決をしてくださいました。 それで、「12月6日に広島まで行くのでその日のご都合はいかがですか?」とお尋ねしたところ、以前にも犬を育てていらしたので、受け渡しまでが短期間でも心配はありませんでした。 行きの新幹線の車中からは綺麗な富士山が見られたり、お隣の席の女性から「大人しい犬達ですね」と褒められて会話が弾んだりしました。 一緒にいらした息子さんはりきちゃんのことが気になって「抱っこしたもいい?」とケースから自分で出して愛おしい感じで撫でたりしていました。 お散歩も自分で連れて行く約束をママとしているようでしたが、息子さんのいい相棒になってくれることでしょう。 それと、Yさんがお手紙に書いて下さっていますが、初めて子犬と会ったときに「良い犬だわ」と感じてくださったのは、とても嬉しく思いました。 過去にも何頭も犬を育てた経験をお持ちのYさんなので、日本犬の良さも肌で感じてくださっているようです。 Yさん、本当に良さを理解して下さってありがとうございます。
2014-12-08
ケンちゃんママからです。
Nさんは、今月がお母様のお誕生日で、昨年、愛犬が他界してしまい、寂しがっていらしたので、プレゼントをなさるために、1ワンドットコムにお問い合わせをくださり、ご縁ができました。 ケンちゃんは、移動途中の電車の中でも、最初は怖い様子で、鳴いてしまい、Nさんと対面して抱っこして頂くときも、ブルブルと震えていたのですが、今夜は余り鳴かないで寝てくれるといいのですが。 お母さまとはお会いすることがありませんでしたが、ずーっと犬の居る生活をなさっていらしたそうなので、必ず喜んで頂けると思います。
2014-10-26
チロちゃんママです。
Iさんはブリーダーさんと距離が近い場所に住んでいらしたので、事前に見学に行き、お迎えにも足を運んでくださいました。 今も、豆柴を育てているので、子犬育てには慣れていらっしゃるのですが、チロちゃんの夜鳴きが、数日間続いたので、大変な思いをなさっいました。 でも、寝姿なども、本当に愛らしくて、画像を見た私も癒されてしまいました。 まだ、お姉さん犬と、余り遊べないのですが、仲良く遊ぶ姿を見るのがIさんの楽しみです。
2014-10-27
チャックちゃんママです。
写真をご覧いただいてわかる通りで、とても小振りな子でOさんは、対面するなり「わー可愛い」とおっしゃっていました。 ずっーと前から「豆柴を飼うならチャックと言う名前にしよう」と、相談していたそうでご夫婦で楽しい話題にてなさっていたのですね。 ご主人も「美人さんになる子だね」とすでにメロメロな感じでした。 帰りにお土産まで下さり、その心使いに感謝します。ありがとうございました。
2014-10-13
敏晃さん
敏晃さんは、シロちゃんをご紹介後、すぐに気に入ってくださり予約をして下さり、スムーズにお話が進みました。受け渡し当日には、シロちゃんお生理現象のために、店長はバタバタしたのですが、敏晃さんはとても喜んで下さったので、良かったです。 二人のお子さんたちもとても楽しみなさっていたそうです。 夜の8時過ぎにメールをしましたら、「午後からずっと遊んでいます」とのことだったので「移動の疲れがあるので早目に休ませてくださいね」とお願いをしました。 とっても高級なマロンパイをお土産に頂き、夜、美味しく頂きました。どうもありがとうございました。
2014-09-17
福ちゃんパパです
I様からお客様の声が届きました。 9月13日に受け渡しをしたのですが、即座にお手紙を記入して下さりありがとうございました。 受け渡しの時に、小学生くらいのお子様が一緒の場合は、子供さんの笑顔の一つ一つが忘れられないものになります。 Iさんの場合も、息子さんが最初から最後まで笑顔で、もう触りたくて触りたく仕方がない様子でした。 お届けした豆柴・オスの福ちゃんは何しろ活発なので、キャリーケースから出すときに、私もIさんも少し緊張ぎみでした。 それも、福ちゃんは1度ブリーダーさんで逃げ出した経験の持ち主なので、受け渡し場所が駅でしたから、逃げ出して事故にでもあったら、大変なことになります。この月齢の子犬は予想もしない動きをしますからね。 息子さんとお嬢さんに抱いて頂いた写真を写して、Iさんに福ちゃんの体を確認して頂いて、早々とキャリーケースに戻ってもらいました。 Iさんのお宅でも、快食・快便で健やかに過ごしているようなので、ネーミングのままに、ご家族の皆様に福を届けてくれますように! 最後になりますが、お預かりしている豆柴ちゃんのトータル管理に
2014-09-06
久美子さん
久美子さんは以前に育てていた子を病気で亡くしたので、今回1ワンドットコムとご縁ができたのですが、「ここまで届けて下さるのはとても安心できました」と「店長さんの写真があったので、それを見て大丈夫そうなお店」と思って下さったそうです。とても有難い言葉だったので、嬉しくなってしましました。 受け渡しの説明が終わったあとに、すずちゃんを抱っこして頂いたら「ワァ小さい!」とおっしゃていましたが、体重は1.2キロしかないの小さい豆柴に成長すると思います。
2014-08-22
俊一さま
ゆずちゃんは、家でキャリケースにいれたとたんに、大声で鳴き続けたので慌ててボーロを少し持って出かけましたがお届け途中では1度も鳴かなくて、熟睡してくれました。 Tさんに説明中も静かなままでしたので、「新しい環境」と理解したのでしょうね。 家でも、明け方、毎日夜鳴きをしていたので、もし今夜も夜鳴きした場合の説明もちゃんとしてから、お渡ししました。 Tさんは、お知り合いにブリーダーさんがいらっしゃるので、その方に「豆柴」を頼んでおいたのですが、やはり入手できなくて、ネットを使って探して、1ワンドットコムとご縁ができました。 画像をご紹介したら、即座に予約をしてくださったTさんでした。 今日の午後からは、Tさんのお宅に皆さんがゆずちゃんを見るために遊びにくるそうで、賑やかだったことと思います。、
2014-08-16
そらちゃんママより
そらちゃんのご家庭には、小学校1年生の息子さんがいらっしゃるのですが、そらちゃんのことが可愛くて可愛くて仕方がない様子で、受け渡しの説明をしている間も、そらちゃんばかり見つめていました。 最初のころは、夜鳴きをしてママは大変だったのですが、今は朝までぐっすりと寝てくれるようになりました。息子さんが心の優しい大人に成長するのを、手助けしてくれるような、存在になってくれたら私も嬉しいと思います。 日本犬は長生きをする子が多いので、息子さんが成人式を迎える頃もずーっと元気でいてくれといいですね。
2014-08-02
花ちゃんパパより
花ちゃんは、とっても元気で運動神経抜群で怖いもの知らずの、女の子でした。家に到着してスグに写真を写すために、植木鉢を置く少し高さがある場所に乗せたのですが、瞬時に飛び下りて私をドッキリさせました。 Uさんおお宅でも、元気すぎてケガをしないか心配しながら、育てていらっしゃるようです。今月末にはお散歩が解禁になるので、お外に飛び出していく、花ちゃんの姿が目に浮かぶようです。 仲の良いUさんご夫婦の愛情に包まれて、しなやかな子に育ってくれるといいですね。
2014-07-29
竹内さま
竹内さんは、豆柴のご紹介をしてから、決めてくださるまでが早かったのですが、それが、ゆずちゃんと巡り合う縁のスタートだったのですね。体は小振りで、可愛いお顔だったので、ご家族全員に喜んで頂けて、届けた私も本当に嬉しかったです。お嬢さんが子犬を育てることにすごく前向きだったので、ママが二人居るみたいでゆずちゃんは幸せ者だと感じました。丁度夏休みの時期なのでお嬢さんに息子さんにも忘れられない夏休みになることでしょう。食事も良く食べてトイレも上手にできて、これからの毎日の成長が楽しみな竹内さんのご一家です。
2014-07-26
パチスケちゃんママ。
紗恵さんは、ご実家のご両親にプレゼントするために、1ワンドットコムとご縁ができました。受け渡しをしてお話を伺うと「ネットでいろいろ調べていると、代金は支払ったのに、子犬が届かない話しとかもあって、心配した」とのことです。 胸にパチスケちゃんを抱っこしたら「小さい!」とそっと抱いていたのが、印象的でした。 ご実家に届ける前にの数日間は紗恵さんの自宅で過ごしたのですが、もう可愛くて、いなくなった寂しさがとても大きかったようでした。御主人は渡したすぐ翌日に、ご実家に写真を写しにでかけたそうですよ。 子犬は、そのくらい強いパワーを秘めているものだと、痛感します。
2014-07-24
めいちゃんママ
めいちゃんママのNさんはご実家のご両親にプレゼントなさるために豆柴を決めてくださいました。タミ子さんは犬が大好きで今の、3頭のわんちゃんを育てているのですが、対面をしないで家族を迎え入れるのは初めてのことなので、不安感が大きくて、何度もお電話をくださいました。店長としては、相談をして頂けるほうが説明ができるので、助かるのです。 受け渡しの日に実際に対面したときは「小さい!」と喜んでいただけました。経験者の方なので説明も楽だったのですが、最初の3日間くらいはフードをあげすぎないようにお願いをしました。 すごく可愛いめいちゃんを抱っこしてしまったので、今度はご自宅でも豆柴ちゃんがほしくなってしまうかもしれませんね。
2014-06-02
小太郎ちゃんパパより
小太郎ちゃんは店長宅に到着したときから、落ち着いている感じありました。赤の兄弟と一緒だったのですが、体が小さい女の子の面倒をみてあげる一面も見せていました。 とても、仲良しご夫婦のお仲間入りをしたのですが、夜鳴きもなく翌日からトイレも覚えてくれて、快食・快便で、育てやすい子条件が全部揃っています。 2週間を過ぎた今では「お座り」もできるようになり、賢い小太郎ちゃんです。
2014-05-29
かなちゃんパパからです。
可愛い双子の小学生のいる、お宅にお仲間入りした、豆柴のかなちゃんですが、お嬢様たちが妹のように、接しているそうで、子供さんの心の成長に、良い影響を与えているのでしょうね。 対面した子供さんおキラキラした瞳を思い出して、お嬢さんたちとかなちゃんの健やかな成長を心から願ってしまいます。
2014-04-16
泰一&真美さん
今回は御主人と、メールのやり取りで、豆柴のご注文を頂いたのですが、お迎えにいらしたのは奥様とお嬢様でした。奥様はお仕事もなさっていてお忙しいご様子で、お嬢様の真美さんが、お世話をするので、「フードの食べさせ方」の説明なども、真剣に聞いていらっしゃいました。対面した時点ではまだネーミングが未定だったのですが、虎太郎ちゃんと言う、元気の良さそうな名前に決まりました。
    初日の夜は、かなり夜鳴きがあったようで、寝不足を心配したのですが、真美さんが丁度、「学校が春休みだったので、大丈夫です」とメールが届きました。そのあとも「フードの分量が少なすぎませんか」とか「足を噛んでばかりいますけど大丈夫ですか」とか「トイレが失敗ばかりで」とかわからないことはドンドン質問してくれたので、助かりました。最初は不安なことも多いので、そのまま質問もしないと不安が大きくなるので、尋ねてくれると答えられるので、よかったです。
      虎太郎ちゃんは、便が柔らかかったので、「移動のストレスを受けているので、便が硬くなるまではフードの分量は増やさないでください」とか「カミカミしやすいおもちゃをあげてく
2014-03-24
チビ太ちゃんパパです
  • 正夫さんが1ワンドットコムにお問い合わせを下さったのは、2月下旬でした。 本当に運が良いことに、豆柴のアカで生後1ヶ月の子がいまして、すぐにご紹介をすることが出来ました。 殆どの方は「次の出産まで待ってください」とお答えすることが多い中で、正夫さんはラッキーだったと感じました。
  • ご紹介したら、即座に返信を下さり、「この子が気に入りました」とのメールで、こちらは「受け渡しまでの流れ」を送信しましたら、早速、内金の振込みをしてくださりました。 あとは、受け渡しの1週間ほど前に「受け渡し日のご都合」を確認して、3月16日の対面当日になりました。 本当に、メールのやり取りも少ない回数だったのですが、なぜか正夫さんに信頼されている雰囲気が伝わってきたのは、不思議でした。
  • たくさんのメールのやり取りをしていてもお客様の不安感が、こちらに強く伝わってくることもありますし、そんな場合は電話なども使って不安感を減らして頂くのが、私の仕事かと思っています。 今回のように信頼されている感じが伝わることもあると、やはりほのぼのした気持ちになるこ
  • 2014-03-19
    貴子さんは近畿地方にお住まいなので、新幹線で豆助ちゃんをお届けに伺いました。年末の寒い時期でしたので、駅の近くに風を防ぐ場所がなくて、貴子さんの車の中で説明をしました。 最初に抱いて頂いたときから、本当に「愛しい」と言う感じが貴子さんの体全体から出ていたのが印象的でした。 「この子がお散歩に行かれる頃になったら、豆助の存在感をお手紙に書いて送りますね」とおっしゃってくださったのですが、お約束の通りに散歩デビューしたあとに、ご丁寧な文章を記入してくださいました。 本当にありがとうございます。 今はドッグトレーナーさんの指導も受けながら、健やかな豆助ちゃんの成長を願っている貴子さんです。 これから、暖かくなるとますますお散歩の楽しみも増えてくることでしょう。
    2014-03-04
    柴犬の凛ちゃんママの由美さん
    柴犬の凛ちゃんママの由美さんから、お客様の声が届きました。 由美さんのご自宅は山梨県との県境に近い長野県ですので、今回の大雪の被害をまともに受けてしまいました。 その、大雪の4日ほど前に凛ちゃんを届けられたので、ラッキーだったのですが、もう1週間遅いお約束だったら、しばらくの間は道路の積雪が多くて、お届けも無理だったと思います。 凛ちゃんは、何しろ元気印の女の子で、由美さんがとてもシックな木製のゲージや、すぐに車に乗るためのキャリーケースも準備してくださったけど、ゲージが温まる暇もないかもしれません。 お住まいも天然木で作られていて、自宅のベランダからは視界を遮るものがなく、山々の連なりや野鳥の食事風景が目に飛び込んでくる素晴らしい環境に恵まれています。 愛犬の健やかな成長に必要な環境が全部整っている凛ちゃんのこれからの姿が楽しみです。 それから、由美さんが「遠方まで届けてくださり、ありがとうございました」と記入してくださり、嬉しかったです。やはり、お客様に手渡しするには、距離的に遠方に場合は時間も、かなり必要になってくるのですが、こうして喜んで頂けると、張り合いがあるなーと感じま
    2014-02-09
    和良さん 豆柴 シロ 男の子 小龍ちゃん
    和良さんは9月にお問い合わせをくださったのですが、白の男の子をご希望で、なかなかご紹介ができませんでした。とても長期間お待たせをしてしまたのですが、根気強く待っていてくださいました。 白の子の場合は、やっと出産があったので、お知らせのメールを送信すると、待ちくたびれて他の犬種を求めたり、他のショップで購入なさる方がとても多い中、ずーっとお待ちくださったことに、感謝の意味を込めて、価格面で太っ腹になった店長です。 昨年の年末には受け渡しが重なってしまい、調整をして秋田と盛岡を一緒にお届けした忘れられない子の1頭が小龍ちゃんです。 Mさんに新幹線のホームまでいらして頂き、お渡しをしたのですが、お嬢さんと息子さんにも対面できて、二人ともとても嬉しそうなニコニコ顔で、出迎えてくださったのを、昨日のことのように思い出します。 2頭の兄弟で、店長宅におりましたが、小龍ちゃんは妹よりも体がしっかりしていて、見張ってないと妹のフードを食べに行くような元気いっぱいの子だったのです。 Mさん宅でも、そのまま元気印の子でMさんにも感謝をして頂き嬉しいです。
    添付ファイルが見つかりません
    2014-01-31
    剛さん 豆柴 シロ 女の子 さくらちゃん
    剛さんは、お仕事の関係でブラジルからメールをくださったのですが、殆ど時差のことを感じることもなく、スムーズに、お話が前に進みました。
    ご両親にプレゼントで差し上げる。。。とのことでしたが、年末に日本に戻って来ますので、そのときに受け取り、最初の世話が剛さんがなさるご様子でした。
    年末ギリギリでの受け渡しになってしまいましたが「年内の購入したい」との強しさんのご希望はかなったので、良かったです。
    さくらちゃんは、ブリーダーさんから来るときにお兄ちゃんと一緒にきたので、夜鳴きもなく、フードも良く食べて元気だったのですが、お兄ちゃんが先に新しいご家族の元に行ってしまい、一人になったら、フードをまったく食べなくなってしまい、、だいぶ心配しました。兄弟の存在の大きさを知らされた出来事でした。
    さくらちゃんは新しい環境にも、スムーズに順応して元気に過ごしているようで、安心しました。
    2013-12-27
    智志 さん、豆柴の豆ちゃん
    さとしさんは12月に「お問い合わせ」をくださり、豆ちゃんを12月に受け取ることができたラッキーな方でした。 お問い合わせの住所は「秋田市」になっていたので「ワッーー遠方の方だわぁ」と思いましたけど、多分、地域的な条件でお困りになっているかもしれないと考えて、もしご予約を頂いたら「お届けに行く」と決めました。 結果的にはご紹介した子を、スグに気に入ってくださり、ワクチン接種と店長が羽田空港への受け取りと、秋田駅へのお届けが実現しました。 タイミングよく、東北地方のお客様が、もう1名いらしたので、2頭の豆柴ちゃんを連れて、朝、早くからでかけて日帰りをしたのですが、本当に喜んでいただけて、私も嬉しかったです。 一人一人のお客様と誠実に対応することを、いつも心がけているのですが、「親切なショップ」とのことで、さとしさんにも通じて、よかったなぁーーーーと感じました。 新しい環境になった豆ちゃんも、とても元気なようで、安心しています。 それと、さとしさんから嬉しい電話もあり、新年でご実家に豆ちゃんを連れて行ったら、ご両親が気に入ったので、もう1頭豆柴ちゃんを購入
    2013-12-11
    京子さん、豆柴のひなちゃん
    京子さんは最初のお問い合わせのときから、丁寧なコメントを記入してくださっていました。 豆柴をご紹介したら、往復6時間くらいかかるブリーダーさんまで見学に足を運んでくださいました。 後でお話を伺ったら、クロの子にしようか、だいぶ迷ったようなのですが、シロの子を抱っこしたときに、「何かしっくりくるなー」と感じたのでシロの子を選ばれたそうです。 人間の結婚相手を決めるときと同じで、「縁がある」と言う言葉を、強く感じるときがあるのですが、京子さんとひなちゃんも、強い縁があったのだでしょう。 ひなちゃんの受け渡しの折に、ご自宅まで訪問させて頂きました。 ご実家でも犬を育てていて、そのワンちゃんが通っている獣医さんが、店長の自宅のスグ近くの獣医さんだったので話しが盛り上がってしまい、楽しい時間を過ごすことができました。 ひなちゃんは、店長宅にいたときは、とても活発だったのですが、京子さんのお宅では、ゲージの中で大人しくしていて、変身したのかしら。。。などと思ってしまうほどでした。 ひなちゃんを受け入れるために、低い場所に置いてあったものを、高いところに移動したり、
    2013-10-20
    博美さん、豆柴のラッキーちゃん
    博美さんのご家族は、犬を育てるのがまったく始めてなので、不安なことがたくさんある様子でした。 それと、子供さんを育てながらお仕事もなさっているので、そのことも心配をんさっていて、少しでも最初が楽なように「トイレレッスン」をご希望でしたので、店長宅でレッスンをはじました。 ラッキーちゃんは、最初から夜鳴きはまったくなしで、、便は食事が終わると間もなく排泄してくれて、排尿も3日目くらいで覚えてくれました。 ところが、博美さんのお宅に到着したラッキーちゃんは初日の夜に、ものすごくたくさん夜鳴きをしたそうで、私はビックリしました。 それに便も真夜中にしたりで、ご家族が寝不足になるので、交代でトイレの始末をしたそうで、最初から思いがけず大変な経験をさせててしまい、ご苦労さまでした。 この体のリズムも、どうして狂ってしまったのか分からないのですが、早く普通のリズムに戻ってくれることを願っております。
    2013-10-05
    憲一さん、豆柴のマメ君
    憲一さんは、お問い合わせを下さってから、殆ど即決でマメちゃんを決めてくださいました。 店長宅に到着したマメちゃんは、最初からフードをちゃんと食べてくれて、トイレもあまり失敗することもなく、 落ち着いた子でした。 店長がお届けのために、憲一さんの職場に最寄り駅に訪問したのですが、お話の楽しい方で、以前育てていたラブラドールの話しで盛り上がりました。 ラブちゃんが家族の食事の時間になると、食卓の横でヨダレをタラタラ流してみているので、どうしても人間の食事をあげてしまし、ビッグな子に成長したそうです。 マメちゃんの場合は「家族の食事時間はゲージで過ごさせてくださいね」とお願いをしたのですが、どんな様子でしょうか? でも、受け渡しでキャリーケースから出したて憲一さんにお渡ししたとたんに、愛しそうに頬ずりをして首を撫でてあげたりしていらしたので「本当に犬が好きな方だなぁ」と感じました。 1ワンドットコムの創業10周年記念特別価格の豆柴だったのですが、犬がとびっきり大好きな方と良いご縁ができて忘れられないマメちゃんいなりました。
    2013-09-18
    成晃さん、豆柴の桃ちゃん
    成晃さんは、お問い合わせを下さってから、決めてくださるまでの期間が短くて、トントンと話しが進みました。 丁度ご希望だったアカ・メスがたくさん生まれていたので、スムーズにご紹介ができたことが、良かったと尾見ます 対面した後に、電話でお話しした折には、想像していたのよりもだいぶ小さい子のようでした。 今頃はトイレも覚えて、お座りなどもできるころでしょうね。 始めて子犬を育てる成晃さんには、不安と楽しみの連続だと思いますが、桃ちゃんはスクスクと成長してくれることでしょう。
    2013-09-10
    有美さん、豆柴のモミジちゃん
    有美さんは6月の時点からお問い合わせを下さり、豆柴のアカ・メスをご希望でした。 メールをやり取りさせて頂きうちに、海外でお仕事をなさっているので、9月に一時帰国するタイミングにあわせて、ブリーダーさんを訪問して、豆柴を受け取りたいとのご希望でした。 そのタイミングに合わせて、女の子の出産があるのか心配しましたが、丁度良くご紹介することができました 海外からお戻りになって、早く自宅に帰りたいお気持ちがあったでしょうが、ブリーダーさんの所まで足を伸ばして、モミジちゃんを連れて帰ってくださいました。 ご家庭の環境がいつも犬がいる生活をなさっていたそうですでが、有美さんは離れて暮らすので、皆が甘やかし過ぎないか、心配をなさっています。 たぶん、しっかっりと育てて下さることでしょう。 ご家族の方からモミジちゃんの様子が届くので、癒やされてくだされば幸いです。 有美さんが次にモミジちゃんと対面でしるのは半年後になるそうですが、健やかに成長しているといいですね。
    2013-09-08
    隆司さん、豆柴のチコちゃん
    チコちゃんと言うネーミングを決めるときが、楽しそうでした。 いくつかの名前を呼んでみたら、「チコちゃん」に一番反応したので、決まったそうです。 新しいご家庭に到着して、2日ほど排泄がなかったので、ご家族は心配なさったのですが、やはり緊張のためだったようで無事に開通となりました。 ただ、食糞のクセがあるので、フードの量を増やして、食後に注意して、見つけたらスグに始末しています。 チコパパは長年の夢だった「犬」を育てることができて、充実した日々を過ごしています。
    2013-09-07
    Y Tさん、豆柴のりょうた君
    りょうたちゃんは、妹のココアちゃんと一緒に店長宅に来たので、仲良し同士で鳴き声を聞くこともなかったのですが、妹がいなくなった夜には寂しくてたまらなかったようで、夜鳴きをしてしまい、下痢にもなってしまいました。新しいご家族にも、すっかり気に入られて皆さんがりょうたちゃんのお世話をしたがっているそうです。 これからも、りょうたちゃんのお陰で、ますますご家族に笑顔が増えますように。
    2013-08-31
    恵里さん、豆柴の心愛(ココア)ちゃん
    恵里さんが始めてお問い合わせをくださったのは6月中旬だったのですが、黒の女の子がなかなか生まれなくて、ご紹介が遅くなり、受け渡しができたのは8月下旬になってしまいました。 心愛ちゃんは、兄弟のりょうたちゃんと一緒に店長宅にトイレレッスンにきたのですが、本当に仲良しで、寂しさを感じることがなく、レッスンができました。無駄吠えもなくて、兄弟で寄り添う姿が、とても微笑ましいものでした。
    2013-08-07
    隆さん、豆柴の空君
    隆さまは8月中旬にお問い合わせを下さって、8月24日には、もう空ちゃんお受け渡しが出来ました。 ご家族も子犬を育てるのは、始めての経験でしたので、事前に電話で子犬の取り扱いのお話しをさせて頂きました。 初日はキャリーケースで、殆どの時間を過ごしました。初めての夜はクゥークゥー程度でしたが、2日目の夜はかなり夜鳴きをして、パパ達は寝不足になってしまいました。 今はトイレの練習の最中ですが、きっとあと数日で、トイレもマスターしてくれることでしょう。 写真のまったりした表情がとても可愛い空ちゃんです。
    2013-08-07
    英二さん、豆柴の朝陽君
    英二さまはお問い合わせを下さってから、購入を決めつまで短い期間で決めてくださいました。 それと、ブリーダーさんと同じ県にお住まいでしたので、訪問して頂くことも、無理にお願いをしてしまったのですが、ブリーダーさんまで足を運んでくださり、感謝しております。 今もMダックスを育てていらして、以前には柴犬も育てていらして、経験豊富な英二さまなので、子犬育てがスムーズに進んでいるようで、安心しております。 豆柴は。頭が良い犬種なので先住犬とも仲良く遊ぶことができることでしょう。 英二さまも2頭の愛犬に囲まれて賑やか時間が流れていると思います。 それと1ワンドットコムのHPに対する貴重なご意見もありがとうございました。
    2013-08-05
    彩花さん、豆柴の琥太郎君
    彩花さんは、最初のご紹介した折には、マッチングが上手くいかなかったのですが、2回目のご紹介でスムーズに、ご予約を頂きました。お住まいが鳥取県だったので、お届け方法が飛行機しかなくて店長が羽田空港まで、行き無事に彩花さんのお手元に届けることができました。 羽田空港では、スタッフの女性達が琥太郎ちゃんに目にとまるとスグに「ワァー可愛い」との声があがっ¥ていました、。 彩花さんは、以前に柴犬を育てていたので、安心をしていたのですが、琥太郎ちゃんがトイレをなかなか覚えないことと、夜中に鳴くことで、今はレッスンの真っ最中の日々を過ごしています。 早く、トイレをマスターしてくれて、夜中の寂しがりも、抜け出てくれることを願っつております。
    2013-07-28
    信子さん、豆柴のメイちゃん
    信子さんは、ネットで購入することと同時に犬を迎えることにも不安をお待ちで、無駄吠えはしないか?お留守番はちゃんとできるか?長距離ドライブの車に搭乗することは大丈夫か?と悩んでいらっしゃいました。 実際に子犬と対面してしまえば、不安感はどんどん消えていくのは、わかっていましたが、購入を決める前の信子さんには、ひとつずつが不安材料でしたので、メールでは間に合わないので、電話にて、丁寧に説明をさせて頂きました。 最終的には、信子さんが大きな決心をしてくださり、メイちゃんを選んでくださいました。 北海道までの移動のことも、心配ごとでしたが、無事に到着して何よりでした。 とても頭の良いメイちゃんでしたので、トイレもスグに覚えてくれ、人が部屋に入る気配を感じると、ちゃんとお座りをして待っていられる子でした。 これは新しいお家でも同じ用に、お座りをして待っている、おりこうさんなメイちゃんです。 そんな姿を見ると、ご家族の皆は可愛くて仕方がありませんよね。 これから、お外にお散歩に行くようになると、もっと世界が広がって、ご近所の皆にも可愛がって貰える存在になること
    2013-07-10
    佐藤さん、豆柴のらんちゃん
    佐藤さまは、最初からメールにも、きちんと返事をくだる、誠実なお客様でした 子犬お探しのコメント欄に「目のぱっちりした子を希望」とありましたので、ちょうど、ご希望にあう女の子がいましので、画像を添付して、母犬の画像もご紹介しましたら、即決をしてくださいました。 佐藤さまもアンケートに記入なさっていますが、その即決なさった判断が良かったのですね。 写真をご覧頂いてわかるように、本当に目の大きな可愛い女の子でした。 佐藤さまに販売契約書を送信したあとに、フライト途中での事故の場合の責任所在について、何度か質問のメールを頂きましたが、遠方のブリーダーさんで、飛行機を乗り継いできますので、とても心配なさっているお気持ちはよくわかりました。 ただ、移動途中の万が一の事故は、1ワンドットコムで全責任を持つことができない事情も説明して、契約書には明記できないことを、理解して頂きました。 受け渡し日は大人達の心配は杞憂に終わり、らんちゃんが元気に自宅に到着してホッといたしました。新しい環境では警戒してお水も飲まない子もたくさんいるのですがらんちゃんは、ちゃんとお水も飲み、良い便を
    2013-05-23
    紀代乃さん、豆柴の子安君
    4月中旬に豆柴の白の女の子をお探しで、メールを頂いたのですが、残念ながら男の子しか生まれていなくて、紀代乃さまは「男の子でもいいです」とおっしゃってくださり、ブリーダーさんまで見学に足を運んでくださいました。対面したらスグに気に入って予約をなさいました お迎えもわざわざブリーダーさんまで足を運んでくださり、ありがとうございました。 予想していたよりも、やんちゃな子だったのでママは、驚いたのですが、それでも子安ちゃんの寝顔には、癒される日々を過ごしています。
    2013-01-30
    秀樹さん、豆柴の麻衣ちゃん
    秀樹さんが、お問合せを下さったタイミングは、丁度ブリーダーさんでたくさんの子犬が生まれていましたので、スピーディーに御紹介ができました。 普段は、性別が合わないとかカラーが合わないとかで、お待ち頂くことが多いのですが、秀樹さんはラッキーでした。 仕事がお忙しい中、どうにか都合をつけてくださりご家族で、ブリーダーさんまで足を運んでくださり、ハプニングもあったのですが、無事に対面することができて、気に入ってくださりありがとうございました。 秀樹さんの予定よりも早い時期に子犬を迎えられて、子供さんたちにも喜んで頂けたことと存じます。
    2013-01-23
    忠興さん、豆柴のルーキーちゃん
    忠興さんは、犬友達からの御紹介で、1ワンドットコムに電話をくださいました。 先代の子(柴犬)が先天性の病気で一番可愛い盛りの月齢で他界してしまったので、当たり前ですが、慎重になっていらして、ご夫婦でブリーダーさんまで見学に足を運んでくださいました。 対面をしたら、すぐに気に入ってくださり、予約の運びとなりましたが、受渡しは生後2ヶ月を過ぎるのを待って、再度ブリーダーさんまでお迎えに行ってくださいました。 ルーキーちゃんは忠興さん宅でも頭の良いところを発揮して、しつけ訓練なども早い時点でマスターして、ご夫婦の会話の中心的存在になっているようです。 体も小振りで性格も女の子らしくて、1年後のルーキーちゃんが、どのような変化をしているのか見守るのが楽しみです。
    2012-12-22
    剛さん、豆柴のモカちゃん
    剛さんは、1ワンドットコムで出産ラッシュバーゲンを掲載したら、一番でお問い合わせがあ りました。赤の女の子をご希望でしたが、タイミング良くご紹介することができました。  その子が極小タイプでしたので、かなり小振りの成長で年内にお渡しできるか、心配してい ましたがフードを良く食べてくれるので、クリスマス前にお渡しができました。  初めて、犬を育てるようなので心配をしたのですが、剛さんの家でもフードをきちんと食べて  夜鳴きをすることもなく、大人しい子で育てやすい様子で安心しました。成犬になったときに、モカちゃんがどのくらいのサイズになるか、楽しみです。
    2012-12-13
    田口さん、豆柴のグラス君
    田口さんが始めて1ワンドットコムに豆柴のお問い合わせを下さったのは、8月の下旬でした それから、数えると4ヶ月近い時間が流れてしまいましたが、やっと田口さんの胸にグラスちゃんを抱いていただくことが出来ました。 シロの男の子が生まれたお知らせをしましたら、目が開くのを待ってブリーダーさんに見学に行ってくださり、スグに気に入って予約をして下さいました。 グラスちゃんは店長宅でトイレレッスンを受けたのですが、50%ほど上手に出来た日もあったかと思うと、次の日は失敗の連続だったりしました。 何しろゲージから出ると部屋の中をクルクルと走り周り、私の声も耳に入らない様子で、人懐っこい子で、可愛くて仕方がありませんでした。 東京駅で写真を撮るために、田口さんに抱っこして貰ったのですが、嬉しくて嬉しくて、田口さんの肩までよじ登ってしまい、これには私もビックリでした。 今までに、受け渡し場面で、そのようなことは1度もなかったからです。 この動きに「この前対面したときはあんなに大人しかったのに!!!」と嬉しい悲鳴でした。 この先も、田口さんをたくさんビックリさせたり
    2012-10-09
    鈴木さん:柴犬のポロ君
    鈴木さんは、柴犬か豆柴でお問い合わせを下さったのですが、柴犬専門のブリーダーさんで、いい子が生まれていました。 父親は日本犬保存会の全国展で3席を受賞した柴犬の直子で、ブリーダーさんお勧めの子でした 私も対面しましたが、バスケットから出した瞬間に、綺麗な顔の柴犬だったので嬉しくなり、お客様に必ず気に入って頂けると確信を持ちました。 きっと賢いポロちゃんは、しつけもしやすくて、無駄吠えも少なくて、お嬢さんの心の支えの一つになることでしょう。
    2012-10-09
    北海道:慶一さん、豆柴の若葉君
    慶一さんは9月後半にお問い合わせをくださったのですが、丁度タイミングよく、8月生まれの豆柴を、ご紹介できました。すぐに気に入ってくださりご予約を頂きました。 「お客様の声」にもご記入くださっていますが、他のショップに問い合わせた折に、数十万円の価格提示を受けるお客様が、何人もいらっしゃるようです。 幸い、1ワンドットコムでは良心的なブリーダーさんと巡り合うことができていますので、店長もできるだけ、良心的な価格で、多くのお客様の喜ぶ笑顔を見られるように努力をしてまいります。 こうして、小学生くらいの子供さんの心から幸せそうな笑顔に接すると、このショップ運営の楽しさを深く感じます。 「青葉ちゃん」との愛称を貰った豆柴ちゃんは、これからスクスクと成長して、北の大地で青葉を大きく茂らせて、ご家族の癒しの源となってくれると嬉しいです。 お嬢さん達が中学や高校や大学に行っても、若葉君が見守ってあげられたら素晴らしいですね。
    2012-10-06
    北海道:恵さん、豆柴のメイちゃん
    恵さんいは、最初にご紹介した豆柴が、私どもの不注意で途中でご紹介できないことになってしまい、ご迷惑をおかけしたのですが、「次回に生まれた子でいいですよ」と本当にご親切に言ってくださり、ありがたいことでした。 羽田空港で対面した、メイちゃんは、お顔の柄が綺麗で、元気印でバスケットから飛び出しそうな、勢いの女の子でした。 今回、ご家族に尾仲間入りしたメイちゃんは最初から、夜鳴きはまったくなしで、朝「おはよう」と声をかけると、ピョコリと起きて、快食・快便で、育てやすくてスグにご家族の「アイドル」となったそうです。 今年の1月に先代の愛犬を亡くして、失意の日々を過ごしていたご家族なので、人一倍メイちゃんのことが、愛しくてしかたがないのだと、思います。 今回は先代の愛犬の分も長生きして、少しでも長い間、恵さんのご家族へ笑顔を届け続けてほしいと、願っております。
    2012-09-15
    兵庫県:圭一さん、豆柴のくるみちゃん
    圭一さんは5月にお問い合わせを下さって、ご紹介に時間がかかってしまったのですが、2度目にご紹介した豆柴を気に入ってくださいました。 今回はブリーダーさんの出張などもあったので、店長がブリーダーさんを訪問してくるみちゃんを受け取ってきました。 とっても、おとなしいタイプで、お食事の時間でもキャリーケースの中から出るのが、ゆっくりゆっくりとしていて、まだいろいろな物音なども、怖いような感じでした。 東京から兵庫県への移動も、受け取りの都合でトラック便を使ったので、「無事に到着で元気でした」の報告を受け取るまでは、心配をしていました。 あんなに控えめだったくるみちゃんが、どんな女の子に成長するのか楽しみです。
    2012-08-24
    神奈川県:沙織さん、豆柴の次郎君
    羽田空港でお会いした沙織さんは、とても優しい感じの女性でした。 当日は日本の上空に低気圧があった関係で、飛行機の到着がだいぶ遅れたのですが、そのお陰でSさんとゆっくりお話ができました。 沙織さんは、豆柴を購入したいと思っていましたが、どこから購入したら良いのか思案をしていたそうです。 。 過去に受け渡しをしたお客様が「1ワンドットコム」を次のお客様に薦めお散歩にときに、ちょうど豆柴を見かけて「どこで購入したのですか?」と質問したら「1ワンドットコムです」と薦められたそうで、店長とご縁ができましたてくださるのは、何よりも嬉しいことです。 キュリーケースから出てきた次郎ちゃんは元気印の◎の豆柴でした。 写真を写そうとカメラを向けても、じっとしていないので何度もシャッターを切ってしまいました。 お水を飲ませてあげたら、ピチャピチャと飲み、今度はケースに戻るのが嫌で足を踏ん張って。。。。。。。 帰り道でもケースの蓋を開きたくて、何度もトライしていた次郎ちゃんでした。 今夜から沙織さんご夫婦に、話題をたくさん提供して、賑やかな生活になっていることでし
    2012-08-20
    神奈川県:洋子さん、豆柴のコロ君
    洋子さんは5月中旬に豆柴をご希望のお問い合わせを頂きましたが、白をお望みだったので、実際にご紹介ができたのは、7月中旬になってからでした。 最初の送信した子犬の画像が、真っ黒な鼻で綺麗な顔立ちの男の子でしたので、スグに気に入ってくださいました。 しばらくしてから、母犬と一緒に写した写真もご希望でしたので送信したら喜んで頂けて良かったです。 新しい環境で、夜鳴きがあり、コロちゃんにも、ご家族にも大変な思いをさせてしまい、可哀想な数日間でした。今ではすっかり夜鳴きも収まり、コロちゃんもご家族も熟睡できています。 このかわいらしさなので、息子さんの良い相棒となって、思いやりの心が育つのに、大きな影響を与えてくれることだと思います。
    2012-08-19
    北海道:勇次さん、豆柴の乙女ちゃん
    勇次さんがお探しだった、豆柴の赤の女の子が本当に珍しいことですが、スグにご紹介ができました。 その画像を見て、スグに気に入ってくださり、話しがトントン拍子に進み、勇次さんにお届けができました。 豆柴の乙女ちゃんは、かなりシャイなタイプの女の子で、店長宅でもキャリーケースから出るのを嫌がり、 ケースの奥へ奥へと逃げていくタイプでした。 当日に、勇次さんが下さったメールには「涙がでそうになるほど可愛い」とのことで、本当に気に入って頂けて良かったと感じました。 その3日後には、「あまり懐かないようだけど」と心配なさって相談の電話をくださいました。 「乙女ちゃんはシャイなタイプだから、少し時間がかかるけど大丈夫ですよ」とアドバイスをしました。 慣れてくれれば、大人しくて育てやすいタイプに成長する乙女ちゃんになることでしょう。
    添付ファイルが見つかりません
    2012-06-13
    埼玉県:利博さん、豆柴のコロネ君
    コロネちゃんのご家族は、画像のご紹介をするとスグにブリーダーさんまで見学に足を運び、コロネちゃんを気に入ってくださいました。 店長宅でトイレレッッスンを受けたのですが、最初は兄弟で一緒に過ごしたので、よく兄弟ケンカをしたので、時にはハラハラして、見ていましたが、兄弟が新しいご家族のところにスタートしてからは、寂しかったのでしょーー 急におとなしい日々を過ごしました。 トイレは5日目には、排尿も90%上手にできるようになり、賢いコロネちゃんでした。
    2012-05-27
    埼玉県:和幸さん、豆柴のテンちゃん
    4月の頭に豆柴をお探しのメールを頂いたのですが、すぐにはご紹介ができなかったのですが、連絡のメールを何度もくださいました。 生後3週間で、子犬の画像を送信しましたら、スグに「予約します」と返事をくださいました。 それから到着までの日々は首を長くして待っていらしたようで、受け渡しの朝も、とても早くにお迎えに行ってくださいました。 最初は「トイレのしつけ」などやテンちゃんへの接し方に不安を感じていらしたようですが、1週間後のメールでは トイレのしつけも順調なようで、テンちゃんも甘えてスリスリしてくれたり、いい関係が築けている様子です。 早く、お散歩許可が出てお外に行かれるようになると、もっと楽しみの幅が広がることでしょう。
    2012-05-27
    徳島県:雅子さん、豆柴のはなちゃん
    はなちゃんを受け渡しした当日に、お電話で話したときには「わからないことだらけで不安です」とおっしゃっていた雅子さんですが、画像をみせて頂いたら、はなちゃんの表情がとてもリラックスしている様子でした。 1週間後のメールでは「トイレもほとんど失敗がなく大丈夫です」とのことで、自然体で上手にしつけをなさっている様子が感じられました。 今は甘噛みをはじめたはなちゃんにしつけ訓練をなさってる頃でしょう。
    2012-05-25
    埼玉県:竜ちゃんママさん、豆柴の竜君
    クロの豆柴は人気が高くて、お問い合わせを頂いても、メールの到着順にご紹介をしていますので、竜ちゃんのご家族には、ご紹介ができるがどうか、微妙なところでした。 でも、やはりご縁があったのでしょうね、ご主人が見学に都合の良い日の2日前ほどに、ご紹介ができることに決まりました。 当日はご夫婦でブリーダーさんまで足を運んでくださり、気に入ってくださいました。 竜ちゃんはトイレレッスンで店長宅におりましたが、賢い子で3日目には「トイレの存在」を覚えてくれました。 それに、フードを持参して部屋に入ると、嬉しくて、もうクルクルと回って目が回らないかと心配するほどでした。 竜ちゃんパパとママは、遠方なのですが、わざわざ店長宅までお迎えに来てくださり、楽しい語らいの時間を持つことができました。 新しい環境になって、トイレのことは竜ちゃんが戸惑ったようですが、ママは一生懸命に竜ちゃん育てに励んでいます。
    2012-05-19
    長野県:活絵さん、豆柴のアンちゃん
    4月の中旬に最初の電話を頂き、以前に育てていた愛犬が我が家と同じミニチュアダックスだったこともあり、話しが弾みました。その中でも子犬の予想方法や疑問のことはしっかりと質問してくださったので、真剣にお探しの方だとスグに熱意が伝わってきました。 それから、子犬の出産情報を送信して、後日画像を送信したら、瞬時に「決めます」とのメールが届きその早さには店長もビックリしました。 到着したアンちゃんは想像していたよりも小さいサイズだったようで、ご家族にすっかり気に入られれています。 それで、アンちゃんが到着した日に「お客様の声」を記入してくださり、最速で店長の元に届きました。 息子さんの相棒として、お互いが良い影響を与えあって成長してくれたら、こんな嬉しいことはありません。
    2012-04-22
    埼玉県:伸子さん、豆柴の雛子ちゃん
    伸子さんは最初から「絶対に見学に行く」と決めていらして、子犬の詳細情報を送信したら、直後に新幹線を予約なさって見学をしてくださいました。 決して近い距離ではないのに、わざわざ足を運んでくださって、ありがとうございました。 対面してスグに気に入ってくださり、雛子ちゃんとの縁ができました。 伸子さんは子犬育ての若葉マークですが、雛子ちゃんが到着して数日が過ぎたころ、暴れてしまって困った伸子さんからメールを頂いたので、「ギュと抱きしめてあげてほしい」と「伸子さんを、まだ母親と認識していないかもしれないので、たくさん話しかけてあげてほしい」とアドバイスをしました。 その後にメールが届き、「雛子ちゃんが変わりました」とのことで、ホッとしました。新しい環境に馴染むまでは、子犬も飼い主も、チョッピリ緊張しているのですが、きっかけが掴めれば、その緊張がほぐれて、愛犬とのスムーズな関係が築けたりします。 これから子犬を迎えいれるお客様にも、「1人で悩まずに、何でも相談してほしい」と願っています
    2012-04-07
    栃木県:三馬さん、豆柴のさくらちゃん
    三馬さんは2月中旬に「豆柴お探し登録」を頂いたのですが、スグにはご紹介ができなくて、1ヶ月ちかう過ぎてから、やってアカの女の子をご紹介できました。 やはりインターネットでの取引には、最初のうちは不安を持っていらっしゃるのが、伝わってきましたので、できるだけ不安を解消して頂くために丁寧なメールのやり取りを心がけておりました。 そしてさくらちゃんが、店長宅で「トイレレッスン」を始めたころには、すっかり安心してくださる様子が、こちらにも伝わってきて、私も愛情いっぱいにトイレを教えました。 到着した日の体重測定では1キロちょうどで、小ぶりなほうだったので、お水をたくさん飲んだり、食欲旺盛になるのに3日間くらいかかったのですが、その後は元気に遊びまわり、何にも興味イッパイになってくれました。「さくらちゃーん」と呼ぶと足元に走ってくる姿は可愛いらしさそのものでした。 三馬さんのお宅では、嫁いだお嬢さんが週2回も、さくらちゃんに会いに訪問してくれたり、三女の方はさくらちゃんの遊び相手で、最初は消極的だった奥様も、今ではさくらちゃんの虜になっているそうです。 さくらちゃんを通
    2012-03-02
    東京都:山本さん、柴犬の紅葉ちゃん
    山本さまは、最初から「柴犬」をお探しでお問い合わせをくださいました。 後日、お尋ねしましたら先代のワンチャンが豆柴だったそうで、1ワンドットコムを見つけて下さいました。 店長がメールを送信すると、必ずご返事をくださるので、私はとても助かりました。 やはりメールもサーバーのトラブルや、その他いろいろな条件で、メールの送受信のトラブルもゼロではありませんから、「画像をご覧頂けたのかしら?」と心配することもあるのですが、山本さんは遅い時間でも、すぐにご返事のメールを下さり、本当にありがとうございました。 新しい家に到着した紅葉ちゃんは、最初からトイレの失敗もなく、二重丸でした。 ブリーダーさんのところも、専用ドッグランがあり、素晴らしい環境で育ってきた紅葉ちゃんですが、これからは山本さんファミリーに楽しいワンコライフを届けてくれることでしょう。
    2012-03-01
    京都府:尚子さん、豆柴の小豆ちゃん
    店長宅で「トイレレッスン」をしていた「小豆ちゃん」ですが、Sさんからお手紙を頂きました。 この春、お嬢さんがお二人とも、実家を離れることになり、そのお嬢さんたちからご両親に豆柴ちゃんをプレゼントしたのです。 先日は、お母様が電話を下さったのですが「最初の日からトイレトレーの上で上手に排泄をしてくれました」とのことで嬉しくなりました。 ここでレッスンしても、新しいご家庭でちゃんと出来るか気になっているのですが、大丈夫だったようですね。 この春から家族が減って寂しくなるご両親に、あずきちゃんがたくさんの笑顔を届けてくれますよ~に!
    2012-02-08
    京都府:憲彦さん、豆柴のココアちゃん
    憲彦さんが豆柴のお問い合わせを下さったのは、11月の後半でした。 その頃は黒の豆柴の出産がなかったので、しばらくお待ち頂いて、今年になってから、やっと12月14日生まれの女の子をご紹介することができました。 今は、豆柴の人気が高いので、画像のご紹介をしたあとに、お客様が迷っている間に、ブリーダーさんに見学の方が見えて、タッチの差で決まってしまうことも、しばしばあるので、店長は心配をしたのですが、憲彦さんは、ご家族と相談なさって、早目にご返事をくださったので、憲彦さんの愛犬になることが決まり良かったです。 受け渡し当日に、「無事到着しました」のメールがナナント!朝の4時20分には、受信されてました。 これには、私もビックリで「寒いところで待たせては可哀想」との深い愛情の現われで皆さんが3時起きしてお迎えにいってくださり、本当に嬉しいことでした。。 憲彦さんは「育てるなら豆柴の黒・女の子」と早くから決めていらして愛称も「ココアちゃん」と前から決まっていました。まだまだトイレレッスンの最中ですが、ご家族の皆さんが「早く家に帰ってココアちゃんに会いたい」と思っているようで
    2012-02-07
    京都府:芳樹さん、豆柴のアズキちゃん
    今年の冬は、日本列島が冷気に覆われて厳しい寒さのために、「犬を迎えるのは春になってから」と考えている方も多い中で、芳樹さんは子犬の画像を紹介してから、ご家族で相談を重ねて、順番にきちんとご返事をくだり子犬を迎えることを決めてくださいました。 お住まいの地区は雪の影響を大きく受ける様子でお迎えの日なども早朝なので、凍結を心配されていましたが、無事に受け渡しが終わりホッとしました。 最初には何度かフリーダイヤルで質問を頂いたので、店長としても、出来るだけ説明が出来て良かったです。 子犬を育てる上で必要なことは、メールでお知らせしているつもりでも、直接質問して頂けると、メールよりも丁寧に伝えられて、いいと思います。 今はトイレレッスンの真っ只中ですが、早く暖かい春が訪れて、外のお散歩が楽しみなアズキちゃんです。
    2011-12-18
    静岡県:有里さん、豆柴のとろ君
    有里さんがお問い合わせを下さったときは、カラーは赤・黒・白のどのカラーでも良ろしかったのですが、ちょうど白の豆柴が3頭おりましたので、ブリーダーさんと有里さんは同じ県内でしたので見学をお勧めしました。 見学にいらしてだいぶ迷ったのですが、少し体が大きい子を選びました。 ご家族でネーミングを決めるのにも、いろいろな意見が出て迷いましたが2文字、簡単、覚えやすい、呼びやすい。。そしてお住まいの近くに、弥生時代の遺跡、登呂遺跡がある。。。などの意見があり「とろちゃん」とのネーミングが決まりました。 この兄弟は血筋が良いので、賢いのですが、今は「トイレトレーニング」の最中で、トイレの存在を理解するのに、少し時間を費やしていますが、やがて「あの頃は大変だったね」と思い出話しになる時が来ることでしょう。
    2011-12-06
    宮城県:由紀子さん、豆柴の鼓太郎君
    由紀子さまは10月初旬にお問い合わせを下さり受け渡しができたのは、12月初旬でしたから、かなりお待たせしてしまいました。最初のご希望では年末にご家族の、皆さんが留守になるので、新年になってから子犬を迎え入れたいご希望でした。 でも、ブリーダーさんが「一番子犬の可愛い時期をお客様に見て貰ったほうが良いのではないですか?」とのアドバイスを頂いたので由紀子さんにご相談をしましたら、「12月上旬の受け取りで大丈夫です」とご返事をくださいました。 鼓太郎ちゃんの生まれ育った場所と、宮城県はかなり距離があるので、移動は乗り物を乗り継いで長時間になったのですが、鼓太郎ちゃんはケロリとして、元気いっぱいに部屋を飛び周り、疲れ知らずの様子でした。 それでも、夜になったら寂しく夜鳴きをしてしまい、由紀子さんは「甘やかせすぎたのかしら?」と不安になったのですが、そんなことはありません。 昼間、元気モリモリの子も、やはりまだ子犬です。心細くなることもあるでしょうから、「声かけをしてあげてください」とアドバイスをしました。 鼓太郎君が到着してから、ご家族の中に笑顔を増えたようで、何よりも嬉しいご報告で
    2011-12-05
    神奈川県:由男さん、豆柴のロック君
    由男さまの場合はお問い合わせから受け渡しまでは10日ほどで、スピーディーにことが運びました。 ご紹介した画像をご覧になって、スグに決めてくださり、ブリーダーさんにワクチン摂取をお願いして、受け渡しの日を待つばかりになりました。 その、当日にブリーダーさんが怪我をしてしまい、2日ほどお渡しするのが遅れてしまったのですが、こころよく待ってくださいました。ロック君は最初の数日間はとても大人しい子でしたが、1週間もするとコードをカジカジしたり、毎日ハラハラしながら由男さんは、ロック君をしつけています。やはり排便の失敗が大変なようで、早く外に散歩に行かれる日を待っている由男さんです。 今は耳もちゃんと前を向いていますけど、この画層は無理に写真を写したので「ご機嫌ななめ」で耳も斜めになっているのです。
    2011-12-04
    京都府:ひろみさん、豆柴のあこちゃん
    ひろみさまがお問い合わせを下さったのは、10月中旬でした。 最初のメール交換では、「来年の春ころに子犬を迎え入れたい」とのことでしたが、店長が丁度生まれたばかりの女の子が2頭いましたので、ご紹介をしましたら、迷っていらしたのですがその内の1頭を気に入ってくださいました。 名前は「あこちゃん」で店長宅でプチトレーニングをしたのですが、性格が人懐こく、好奇心旺盛で、食欲モリモリでお水もよく飲み本当に育てやすい子でした。 夜鳴きもまったくなしで、昼間も鳴き声は1日に1-2回しか聞くことはなく、店長のことをスグに覚えてくれて足元に駆け寄ってくれるので、このまま、手元に置きたくなってしまうほどでした。 きっと、ひろみさんのご家族にも可愛がられて、スクスクと成長することでしょう。
    2011-12-03
    愛知県:修治さん、豆柴の実成君
    修治さんがお問い合わせを下さって、しばらくしてから子犬の目が開いた画像を送信したら、即座に「この子でお願いします」とのことでしたので店長も、あまりあっさりとしたご返事だったので「あとで気持ちが変わらないかしら?」と少し心配でした。 でも、その後のメールのご返事がスグに戻ってきたのを見て、安心をいたしました。 修治さんの場合は「ネットでの取引に不安はありませんでした」と記入してくださっているので、店長のほうが不安になってお恥ずかしい限りです。 愛称が「実成君」と武将のような名前なので、りりしい男の子に成長してくれるのではないでしょうか。。。。将来が楽しみです。
    2011-11-21
    神奈川県:祐未子さん、豆柴のかず君
    祐未子さまが1ワンドットコムにお問合せを下さったのは、10月下旬でした。 ご希望は黒の豆柴でしたが、ちょうど生後1ヶ月ほどの子がおりましたので、ご紹介をしましたら、気に入っていただけました。 店長が届けたのですが、店長宅に到着してスグから、かなり大きな声で鳴き続けたので、「このままお届けして大丈夫かしら?」と心配でしたが、せっかくお仕事を休んで、かずちゃんとの対面を楽しみにしていらしゃる祐未子さんとお嬢さんのことを思うと、延期も躊躇してしまい届けに伺いました。 お会いして話しを伺ったら、トイレトレーも、ちゃんと販売契約書を読んで、その通りになさって下さり、犬を育てている友人に相談もなさっていて、子犬のことをよくご存知でした。 それでも自宅に戻ったら長時間、鳴き続けるので「体がどうにかなってしまいませんか?」とかずちゃんの様子を心配して相談の電話をくださいました。 今でも時折、ハイテンションになるかずちゃんですが、お父さんも静かな豆柴なので、お父さんに似た子に成長してくれることを、願っています。。
    2011-10-15
    神奈川県:孝志さん、豆柴の岳君
    孝志さんは、先代のコーギーが12歳で他界してから、奥様が元気がなくなってしまい、新しい家族を迎えいれためにお問合せをくださいました。 でも、即座にご紹介できる子がいなかったことと、見学もご希望なさっていたのですが、遠方のブリーダーさんで生まれた子だったので、見学も諦めてくださいました。 初めての対面は羽田空港でしたが、思いがけずにそこで、兄弟犬と対面することができまして、ラッキーな出来事でした。 抱っこした感じは、想像なさっていたサイズよりも小さくて、孝志さんの腕の中にスッポリと収まって、大人しい子でした。 愛称の「岳ちゃん」はご主人が山がお好きなので、このネーミングを選ばれてそうです。 ご自宅で岳ちゃんと対面した奥様も、とても喜ばれたそうで、岳ちゃんが賑やかをプレゼントしてくれると思います。
    2011-10-12
    東京都:武安さん、豆柴の熊次郎君
    羽田空港で対面した武安さまは、去年、ご結婚なさったばかりのとても爽やかなご夫婦でした。 豆柴ちゃんをご予約くださったときから「熊次郎ちゃん」の愛称は決まっていました。 迎え入れる準備も、ワクワクしながらなさった様子で、あとは熊次郎ちゃんの到着を待つばかりになっていました。 奥様は実家にいらしたときから、犬育ての経験があるようで、対面したとたんから 「可愛い♪可愛い♪」とおっしゃって熊次郎ちゃんと何度も、何度も目を合わせていました。 ネーミングにふさわしく、初対面でも、比較的落ち着いて、物怖じしない感じの熊次郎ちゃんでしたが、新しい家でもよく食べてよく眠り、スクスクと成長しています。。
    2011-10-04
    山口県:和典さん、豆柴のはなちゃん
    和典さんからお問合せを頂いたのは8月下旬でしたが、7月下旬生まれのはなちゃんをご紹介することができました。 はなちゃんは店長宅でしつけレッスンを受けるために、ブリーダーさん宅から、店長宅に到着しました。 最初のはなちゃんは、シャイで大人しい子で、思わず居ることを忘れてしまいそうになるほどでした。 それが、今では元気が溢れるような子に成長して、和典さんおご家族に可愛がられているはなちゃんです
    2011-08-01
    徳島県:圭子さん、豆柴のチョビちゃん
    圭子さんがお問い合わせを下さったのは、5月初旬でした。 先代の犬を6歳で亡くして、やはり「犬の居る生活を」とご希望なさっていました。 店長としても、早くご紹介をしたかったのですが、出産が少ない時期で、なかなかご紹介ができないままに、時間が流れてしまいました。 やっと7月になってから、画像をご紹介できて、気に入って頂けてよかったです。 チョビちゃんは女の子ですが、対面してみると物怖じしない性格で、つぶらな瞳が印象的な、可愛いい顔立ちの子でした。初めて抱いたときには怖い様子で、少しだけブルブルと震えていましたが、5分もしないうちに胸の中で大人しくなっていました。 チョビちゃんのネーミングは先代の愛犬の名前を受け継いだのですが、これからも、先代の子と同じように、ご家族の皆様を癒す日々を過ごすして、長生きをしてほしと願っています。
    添付ファイルが見つかりません
    2011-07-04
    宮城県:鈴木さん、豆柴の平蔵君
    鈴木様は最初から豆柴のクロ・オスをご希望でしたので、タイミングよく目が開いたクロの子がいて、スグにご紹介ができました。 画像をご紹介したところ、気に入ってくださり、話しは前に進んだのですが、お届け方法の段になってから、足踏み状態になってしまいました。 鈴木様がお住まいの場所は、東北地方ですが、航空便の利用が厳しくて、トラック便ですと時間がかかり、子犬の負担にならないか心配でした。 それで、最終的には店長が、鈴木さまの近くの駅までお届けすることで、話しが前進しました。 鈴木さんに受け渡すまでの数日間を、店長宅で過ごしたのですが、平蔵君は無駄吠えがまったくなくて、人懐っこいところもあり、とても育てやすい子でした。 平蔵君と対面した鈴木様は、ちっちゃな平蔵君を大事そうに、いとしそうに抱っこしてくださったのでが、印象的でした。 平蔵君を連れているので、飲食店をみつけるのが大変でしたが、それでも、見つかったお店で1時間ほど、フードのこと、室温調整のこと、トイレのこと、しつけのことなどなどお話しをさせて頂きました。 帰りには、地元名物の高級品のお土産まで頂
    2011-05-06
    愛知県:淳子さん、豆柴のコロンちゃん
    淳子さんは、コロンちゃんをお迎えのためにブリーダーさんまで、足を運んでくださったので、その時に親犬も見学できました。 子犬の時に、見学も可能でしたが「自分に寄ってきた子に決めてしまいそうだから」と敢えて画像での予約をなさいました。 ご家族の中でも、奥様はメスをご主人はオスを息子さんはどちらでも良い・・・と意見が別れていたのですが、ご紹介できたのは、黒のオスでしたので、奥様のご希望に沿った子になって良かったです。 迎えることが決まってからは、ご家族の方が庭の手入れをしたり垣根を整えたりなさって、到着の日を楽しみに過ごされていました。 それと準備をしたコロンちゃんの住まいも、理想的なもので、落ち着いて寝るためのキャリーケースがあり、広めのゲージで、トイレトレーはゲージの外にあり、最適な環境が整えられていました。 淳子さんから最初のころに頂いたメールで「1ワンドットコムのホームページを何度も読み、信頼してお任せします」と記入されていました。 こうしたメールを頂くと、「もっとお客さまに有益な情報を発信しなくては!」と新たな気持ちになることができました。淳子さんあ
    2011-05-04
    宮城県:紀子さん、豆柴のぽち君
    紀子さんが始めてお問い合わせを下さったのは、2月末でしたので、3月に生まれ子をご紹介の予定にしておりました。 ところが、3月11日に東日本大震災が発生してしまい、どのような状況にいらしゃるのかわからなくて、出産の連絡も差し上げないでおりました。 そうしましたら4月になってすぐ、紀子さんんからメールが届き、「ライフラインも復旧して豆柴ちゃんを迎えられる状態になりました。家族全員で楽しみにしています」とのことでしたので、本当に心の中で拍手をしてしまいました。 ご紹介した子を気に入ってくださり、スグにご予約になったのですが、問題はお届け方法でした。 通常、東北地方に送る方法は、どのルートも使うことができなかったので、私も協力したのですが、ガソリンを購入するのに1時間待ちの時期でしたが、どうにか羽田空港まで行かれました。、紀子さんも、仙台から花巻空港まで行ってくださり、無事にお届けできて良かったです。 空港で受け取った時は「震えていた」とのことなので、やはり初めて聞く飛行機の音は怖いのでしょうね。でも移動の車の中で落ち着いたくれたのでよかったです。 最初に「丸くて狸
    2011-03-23
    東京都:美加子さん、豆柴のバロン君
    白の豆柴は1年間に数回しか、出産がありません。数ヶ月の間、待ってくださる方もいらっしゃいますが、待ちきれずに他の方法で白の子を探ししまう方も多くいらっしゃいます。 でも、美加子さんがお問い合わせをくださったのが、本当に良いタイミングで、白の子をご紹介できました。 美加子さんのお住まいは、東京都ですが離島なので、どのように受け渡すかが心配でしたが、知人のかたが東京までいらしてくださり、小さな飛行機に乗って、美加子さんの元にお渡しすることができました。 回りを海に囲まれた、静かな環境の中を、白のバロンちゃんが散歩をすると、絵になるような光景でしょうね。 折があったら、ぜひ1度、島に遊びにいく行きバロンちゃんに、もう1度対面したものです。
    2011-03-18
    秋田県:咲子さん、豆柴のしば君
    咲子さんに、豆柴をご紹介した頃は日本も、やがて訪れる春を待って、静かな時間が流れている頃でした。 でも3月11日の東日本大震災を境に、日本が大きく変化をした時期の直後に、しばちゃんの受け渡しの日時が決まっておりました。 直前まで、お約束の日に受け渡しができるか微妙でしたが、秋田空港着に無事に お届けできてよかったです。 飛行場の対面したときには、震えていたそうなので、しばちゃんも不安だったのでしょうね。でも今ではご家族の皆に可愛がられて元気いっぱいに日々をすごしています。
    2011-03-15
    神奈川県:登さん、豆柴のマロ君
    登さんは、半日以上の時間を費やして、ブリーダーさんまで子犬の見学に足を運んでくださいました。 最初は白の子をご希望でしたが、見学にいらして黒の子と対面したら、黒の子を気に入ってご予約となりました。 たくさんの子犬たちの写真を写して、店長に送ってくださりありがとうございました。 受け渡しのお約束のときは、大地震と重なってしまい、延期になってしまったのですが、数日遅れで無事に、登さんのお手元に届けることができて、ホッとしました。 困難な状況を乗り越えて、新しいご家族の仲間入りをできたマロちゃんですから、たくましく成長してくれることでしょう。
    2011-03-09
    長野県:博美さん、豆柴のジョン君
    博美さんんの場合は、お問い合わせを頂いてから、受け渡しまでの流れが、早かったですね。 最初から赤の男の子をご希望でしたんので、画像をご紹介したらスグに気に入ってくださり、ご予約となりました。 移動のとき、まだまだ、長野地方は雪も舞う気温が低い時期でしたので、保温には十分配慮したのですが、それでも博美さんから「無事に受け取りました」の連絡を頂くきくまでは不安でしたが、その連絡を受けて安心できました。 毎日のお世話は博美さんのお母さまがなさるのですが、今では、すっかり一家のアイドルとなって、楽しい日々を送る博美さんです。
    2011-01-28
    愛知県:かおりさん、豆柴の福君
    かおりさんは、電話でお問い合わせをくださったのですが、話し方のテンポがリズミカルな方で、お話ししていると自然にかおりさんのペースになっている、お話し上手な方でした。豆柴は真剣に探していらしたのですが、なかなか気に入った子と巡り合うことができなくて、諦めかけていらしたようです。 店長も電話でお話しをしていますと、真剣さが伝わりましたので、かおりさんには何頭かの豆柴をご紹介しました。その中で、どうにか「好きな顔立ち」の豆柴が見つかって、ご予約になりました。 息子さんのお誕生日プレゼントだったのですが、朝の3時半から、運送会社にお迎えに行ってくださり、喜んでくださいました。 お手紙の中にあった、「息子さんに命の大切さを年月をかけて教えていきたい」との言葉に、思わず大きく頷いてしまいました。 かおりさんが、とても元気印の方なので、それに負けないほどの元気なフクちゃんに成長することだと思います
    2010-12-26
    千葉県:岳さん、豆柴のあずきちゃん
    岳さんは10月の初旬にお問い合わせをくださり、12月下旬から育てたいとのことでした。実際にご紹介できたのは、だいぶ後になってなってしまったのですが、画像」でスグに気に入ってくださいました。受け取りはクリスマス前にブリーダーさんまで足を運び、親犬も見学することができました。 学校が冬休みの今は、子供さん達のいい遊び相手になっていて、食欲もあり、元気いっぱいに成長しているあずきちゃんです。
    2010-11-12
    広島県:宗平さん、豆柴のそら君
    宗平さんは最初から黒・豆柴をご希望でお問い合わせを頂いたのですが、電話でお話をさせていただくと、ネット通販にだいぶ不安を持たれていました。会話の中で「お客様の声」などを読んで下さるようにお願いをして、電話を切りました切りました。その直後に子犬の画像がブリーダーさんから届いたので、ご紹介をしましたら、スグに気に入ってくださり、予約の運びになりました。 今回は、初めての犬育てなので、わからないことがあったときには相談をして下さるので、アドバイスができてますので、良かったと思います。 今は、そらちゃんもすっかり新しい家庭に馴染み落ち着いたいい子に育っていて、運動能力が高くてサークルを簡単に脱出するので、上にもネットをつけています。 軽快に高いものをジャンプする姿は、パパの目には「かっこいいなぁーーー」と見える今日この頃です。
    2010-10-18
    千葉県:富美子さん、豆柴のミナム君
    富美子さんは白の豆柴をご希望だったのですが、白はなかなか出産がなくて、淡い赤の男の子でしたら、生まれていました。この淡い赤の毛色は写真の光線の具合によって、真っ白みたいに写るので、私が動画を撮影して、それで体に赤毛が混じっていることを、富美子さんに見ていただきました。 この辺がネット販売の難しいところで、お客様が考えていらっしゃる毛色と実際に対面した毛色が違っていたら、申し訳ないので、神経を使いました。 その動画をご覧になって、「この子でお願いします」とスグにご返事を下さったときは嬉しかったです。 やはり、今回は動画を採用してよかったなぁ~と思いました。 富美子さんは、看護士と言う大変なお仕事をなさっているのですが、夜勤の時などは、ご両親も可愛がってくださるので、安心です。 ミナムちゃんと触れ合えば、お仕事の疲れも癒される富美子さんです。
    2010-10-07
    東京都:香代さん、豆柴の海ちゃん
    香代さんが、今年の6月に1ワンドットコムから豆柴・黒・女の子が初めて家族となりました。 それから3ヶ月ほどで、1ワンドットコムのHPに掲載された女の子を気に入ってくださり、前回と同じくブリーダーさんまで見学に足を運んでくださいました。 やはり今回も対面したら、スグに海ちゃんの受け入れを決めた香代さんでした。 先輩の空ちゃんが海ちゃんを追い掛け回したりで、仲良く過ごすには、もう少し時間が必要かもしれませんね。 秋も深まるころには、空君と海ちゃんが仲良く、戯れる日々が訪れるか、楽しみにしている店長です。 香代さんもお手紙の中にも書いてくださったのですが、犬舎が違うと豆柴のキャラも違うのですよねーーーもちろん骨格の感じも違うのです。
    2010-09-18
    千葉県:直美さん、豆柴のカイ君
    直美さんは、ラッキーなことにブリーダーさんと比較的、距離が近い場所にお住まいでしたので、子犬と対面するときも、お迎えの時も、ブリーダーさんまで足を運んでくださいました。 お嬢さんも一緒に、見学にいらしたのですが、小さな子犬を抱っこして、顔をみたり感触を楽しんでいましたが、どうしても男の子がよくて、女の子よりも数が少なかったのですが、カイ君を選びました。 受け渡す前には、今年の猛暑で、トラブルもあったのですが、気候がよくなり始めたころにカイ君は、お嬢さんの胸に再度抱かれて、可愛がられて、しつけをしてもらって、お嬢さんと一緒に成長していくことでしょう。 カイ君の到着で、さらに賑やかになった直美さんファミリーです。
    2010-09-15
    広島県:学さん、豆柴のヤマト君
    豆柴の白の子犬は、本当に出産が少なくて、お客様には長期間待って頂くことも多いのです。これはブリーダーさんも予定が見込めないので仕方がないのですが、やつと生まれてご紹介をすると「他の犬種に決めました」とおっしゃる方も多くいらっしゃるのが、現実です。 学さんの場合は、ラツキーなことにお問い合わせを下さった直後に、豆柴・白・男の子が生まれたのです。 店長もご紹介の時はいつも、ドキドキしてしまうのですよ。。 まごまごしていると、他のショップの方に決まってしまわないか心配で心配で。。。(笑) きっとヤマトちゃんは、学さんのご家族の雄仲間入りをする運命に決められていたのかもしれません。 スムーズご予約頂けて、店長もホッと一安心しました。 ただ、受け渡し前後の店長の対応がこまやかでなくて、学さんを不安な気持ちにさせてしまったことを、申し訳けないと反省しております。 ヤマトちゃんは真っ白なので、これから、どんどん可愛いらしく成長してくれることでしょう♪
    2010-09-14
    愛知県:勝さん、豆柴のまろちゃん
    勝さんのご家族は、最初からとても熱心で、生後21日にあったころに1日がかりで、ブリーダーさんまで4人で見学に足を運んでくださいました。ネーミングも早くから決まっていましたし、早々と準備も楽しんでいる様子でした。 生後50日になるのを待って、又、1日ががりでお迎えに足を運んでくださり、しっかりした体に成長していたので 感激してくださいました。 1ワンドットコムとご縁があったことを、とても喜んで頂けて、店長も嬉しい限りです。 まろちゃんは、ご家族の愛情に包まれて、きっとスクスクと成長してくれることでしょう。 下段の写真は8月8日に初めてまろちゃんに対面したとき 上段の写真は9月11日に到着直後のものです。 この短い期間での成長は目をみはるものがありますね。
    2010-08-30
    神奈川県:菜穂子さん、豆柴のあずきちゃん
    菜穂子さんがお問い合わせを下ったときもベストタイミングで黒の女の子がおりまして、ブリーダーさんから画像が届いたばかりでした。 黒の子の場合は、出産の数が少ないので、チョットしたタイミングで、他のお客様に決まってしまうことも多いので、電話連絡をさせて頂きました。 結果的には、スグに菜穂子さんも行動してくださり、1日がかりでブリーダーさんに足を運んで下さり、新しい絆が生まれることになり、よかったです。 やはり親犬も見学できるので、一人でも多くの方が見学をして決めて頂けると、嬉しい限りです。 初めての犬育てで、不安なことも多いようで、「あずきちゃんに留守番をさせるのが、可愛そう」とのメールを頂いたので、「お家を守ってね」と言えば大丈夫ですよ。とメールをしました。 スグに「その気持ちで出かけたいと思います」とおっしゃってくださる素直なママで 一生懸命、勉強なさってあずきちゃんを育てているので、きっと「ステキなママ」になりそうな予感がしています。
    2010-08-28
    東京都:加奈子さん、豆柴の太郎君
    加奈子さんがお問い合わせを下ったとき、丁度、赤の男の子も目が開いた子がおりました。やはり「縁がある」のは人間の結婚と同じで、最初の出会いも大きいものがあると、店長はいつも感じています。 お問い合わせの直後に、ブリーダーさんまで見学に足を運んでくださいましたが、豆柴たちと対面した最初から、抱っこの仕方が上手で、「やはり実家で犬と接していたからだなぁ~」感じました。 子犬と対面してから、受け渡しまでの時間が少しあったのですが、その間も本当に待ち遠しい様子でした。 「太郎ちゃんが来たら、来年からは夏休みも出かけられなくなるかもしれないわ」とおっしゃる心の優しいママです。 これからは、太郎ちゃんとの生活をたっぷり楽しむこととでしょう♪
    2010-08-10
    島根県:香代子さん、豆柴のトラ君
    トラちゃんパパは お問い合わせを下さった時から、早く豆柴の子犬を迎え入れたくて、仕方がありませんでした。 でもその時点では生まれていなくてスグにご紹介ができませんでした それで1回は他のショップで購入をなさる予定でしたが、   やはり1ワンドットコムと縁があって、トラちゃんを決めてくださいました。ネットで命ある動物を購入するのは不安があったようですが、そこは途中で画像を見て頂いたりして、カバーいたしました トラちゃんは1ワンドットコムに数日間おりましたが、とても賢い子で、フードをあげる私のことをすぐに覚えて、無駄吠えもなくて、快食・快便のいい子でした。 新しい場所でご家族はもちろんですが、早くも、、ご近所の 人気者に成長している、トラちゃんです。
    2010-07-10
    秋田県:洋さん、柴犬の凛太郎君
    凛太郎パパは本当の熱心に、ご家族のために愛犬を探し始めたのは、今から3カ月以上前のことでした。 それからは、秋田県から、関東地区のブリーダーさんまで何回も足を運び、子犬を見極めて、選んだ子が凛太郎君です。 今回も、わざわざ奥様やお嬢様も一緒にブリーダーさんの元までお迎えにきて下さり、新幹線でお帰りになりました。 新幹線の中では1度も鳴かないし、排泄もしないで、がまんしていたようで、夜泣きもほとんどしなくて賢い子ですね。 柴犬育てのベテランパパなので、きっと凛太郎君もスムーズに新しい、家庭に溶け込むことでしょう。 今回のパパを見ていて、愛犬探しの一番良い見本を見せて頂いた気がしました。 それに協力してくださったブリーダーさんにも、感謝の気持ちでいっぱいです。
    2010-06-20
    東京都:香代さん、豆柴の空ちゃん
    香代さんが、初めて1ワンドットコムにお問い合わせを下ったのは、今から3カ月以上も前のことでした。 ペット可のマンションに引っ越しなさるのに合わせて、子犬を迎え入れたいとの、ご希望でしたが、なかなか黒の女の子が生まれなくて、ご紹介もできませんでした。 でも、香代さんが以前に実家でシェルティーを飼っていた話しになり、我が家の先代のシェルティーの話しとかで、メールで盛り上がってしまいました。 4月中旬にやっと、生まれた子は、柄が綺麗で店長は一目見て、気に入ってしまい いい子ですよーーーと強引にご紹介(笑) それから、香代さんは丸1日かけてブリーダーさんまで足を運んで対面してくださり、「空ちゃん」を気に入ってくださいました。 新居へ引っ越す日まで間があったのですが、6月中旬に無事に新しい家族のお仲間入りをしました。 やはり、犬の扱いには慣れていらして、上手に犬育てをなさっている日々です。 4月17日生まれですから、まだ生後2カ月なのですが、顔だちがとてもしっかりしていて、柄が綺麗で、店長も対面したい空ちゃんです!
    2010-06-15
    埼玉県:正明さん、豆柴の大和君
    大和ちゃんは、豆柴では珍しい胡麻毛です。最初の店長が紹介した画像では、まだまだ生後3週間ほどの写真でしたから、幼い顔だちでしたが、正明さんにスグに気に入って頂けて嬉しかったです。 こうした、レアーカラーの子犬は、好きな方はすごく探してくださるのですが、そのタイミングが合わないときも、ままあるので、「良かった」と思いました。 それで、6月12日にお届けして、正明さんから昨日、送信された画像を見てビックリしました。 大和ちゃんの特徴だった、手先・足先の白毛と胸元の白毛が一段と目立ち、渋めな胡麻毛とバランスがとても良くて、写真を見入ってしまいました。 みごとに、変身した大和ちゃんがそこにいました! 奥様が主に面倒を見ていますが、わからないことがあると、質問の電話をくださいますし、ご主人もそんな奥様の様子が嬉しい様子で、「可愛がりすぎないかなぁ~」とか「僕の晩御飯作ってくれなくなるかも・・・」とか楽しいそうな声で冗談をおっしゃって電話をくださいます。 大和ちゃんが、ご夫婦の間で、とてもいい感じで存在しているのが伝わり、こちらも楽しくなってしまいます。
    2010-06-06
    広島県:浩子さん、豆柴の桃太郎君
    浩子さんが、豆柴のお問い合わせを下さったときに、タイミングよく、豆柴の出産があり、スグにご紹介できました。赤と胡麻の子をご紹介したのですが、どちらも可愛くて、しばらく迷いましたが赤の子を選びました。 その選んだ子はご覧のような「イケメン」に成長しはじめています。 今はトイレトレーニングの真っ最中で、桃ちゃんママはトイレを覚えて貰うために、いろいろとトライをしているところです。伺ってみると、お部屋は広くて体が小さい桃ちゃんにはトイレトレイの位置が、覚えにくい様子だったので、もう少し狭いスペースを桃ちゃん用に準備して貰い、今、トレーニングしています。 頭の良さを感じる桃ちゃんなので、もう少しでマスターしてくれることでしょう!
    2010-04-26
    兵庫県:成一郎さん、豆柴の大福君
    成一郎さんは、最初から豆柴の白をお探しで、丁度白の男の子がいてご紹介ができました。 やはり以前に比べて「白・豆柴」とカラーを指定なさって探している方が、多くなっておりますね。 ただ赤や黒よりも、生まれる数が少ないので、どうしても待って頂くのですが、成一郎さんはラッキーでした!!! 希少な子なのはよくわかっていらっしゃるようで、画像を紹介した翌日にスグに、ご予約をしてくださいました。でも、迷っている間に他の方に決まってしまうことを何度も経験しているので、決断を早くして頂き「ホッ」としました。 こればかりは、「縁」なのでタイミングが重要になってきますね。 豆柴ちゃんは「大福ちゃん」と言う食べてしまいたいようなネーミングで、それに沢山の衣装持ちでビックリです。 ママが可愛くて仕方がなくて、人間の子供のようにイッパイの洋服をそろえているのでしょうね。 すごーく愛されて成長を続けている大福ちゃんです♪
    2010-04-05
    広島県:希代美さん、豆柴のそうた君
    希代美さんは、電話でお話ししても、とても暖かい印象の方でした。 でも、いろいろお話しさせて頂くと、3月に最愛の方を失って、辛い経験をなさったばかりで、子供さんも「寂しい」とのことで、豆柴を育てることに決めたそうです。 ご紹介した豆柴をスグに気に入ってくださり、「早い時期に迎え入れたい」とのご希望でしたので、ワクチンを接種してから、1週間後に広島空港で受け渡しになりました。 そして数日後に頂いた写真の息子さんは、弾けるような笑顔でしたので、心から「よかったなぁ~」と思いました。 お手紙でも「家が明るくなり、癒されます」とのことでしたので、店長としてこれ以上嬉しいことはないですね。 まだ、そうたちゃんはトイレ訓練の最中ですが、希代美さんのご家族に、たくさんの笑顔が生まれてほしいものです。
    2010-03-29
    千葉県:延子さん、豆柴のアンディー君
    延子さんのご家族とブリーダーさんで対面して、印象的だったのは何しろ「仲良し家族」でした。 冗談たっぷりのパパと仕草が本当に可愛くて、無邪気な二人のお嬢さん達!!! 子犬と対面できたことが嬉しくて嬉しくてたまらなくて子犬を舐めそうな様子で抱っこしている姿が、本当に印象的でした。それに眼差しが優しいママで、家族の中心となっている雰囲気が伝わってきました。 しばらくの間、かわるがわる子犬を抱いていたご家族ですが、それでも、最後はパパが「この子にしようか?」との声に皆が従ってアンディー君が決定! 私にも、忘れられない瞬間でした。 新しい、ご家庭に到着してら、早速「家族の人気者」になったアンディー君 お嬢さん達にも、忘れられないステキな春休みになることでしょう!
    2010-03-10
    山形県:康夫さん、柴犬のシロン君
    2010年3月5日 康夫 さん(山形県) 柴犬  シロ  男の子 シロンちゃん 店長からのコメント シロンちゃんは、良い血統の子なのですが、縁がなくて月齢が過ぎてしまったので、価格を値引きした直後にHPで見つけてくださり、画像を送信したら、スグに決定で、送金も全額頂きました。 康夫さんはお話ししていても、犬をたくさん育てたことがある方だなーーーとスグにわかりました。 ご自宅には北海道犬も飼っているとのこと。 ひとつ問題だったのは、山形に子犬をお届けする方法でした。 最初にトラック便で確認したときに、「翌日到着でOK」との回答だったのですが、2日前になって「やはり山形は行かれない」とのこと。 急に変更されても困るので、いろいろ交渉して、やっと「運びます」との回答を貰った時は嬉しかったです。 康夫さんは到着した犬が鳴かないので、「耳が悪いのか?」と疑ったそうですが、よその犬の声に反応したので不安も消えたそうです。血統によって無駄吠えがない犬は本当に無駄な場面では吠えないものなのです。 先住犬ともきっと仲良く過ごせるるシロンちゃんでしょ
    2010-03-08
    東京都:英雄さん、豆柴の正太郎君
    英雄さんは最初から「豆柴・赤・男の子」と決めてお問い合わせを下さり、タイミング良く10日ほど前に、店長がその男の子の兄弟を見学していたので、自信を持ってお勧めできました。 英雄さんはネットショップの運営なさっている方で、「自然堂本舗」で無・低農薬有機栽培のフルーツいろいろを販売なさっています。 ★本店   http://www.shizendo.jp/ ★楽天店  http://www.rakuten.co.jp/shizendo/ こうしたHPを運営なさっている方から「安心できるサイトだと」感じて頂けて本当に光栄です。 ご紹介をしたその日に、2頭の画像の中から正太郎ちゃんを選んでくださり、即日に全額を送金頂きました。 その選んだ正太郎ちゃんを、お届けしてからわかったのですが、トイレはその日に覚えて、人懐こくて無駄吠えがない、本当に育てやすい子だったのですね。 この仕事を7年ほど手がけていて感じるのは、数多くの子犬を比較検討しなくても即座に決められた方に、不思議と性格の良い子が迎えられるのは、偶然なんでしょうか?店長の中では「ナゾ」ですが、今回もその良い例
    2010-03-07
    神奈川県:佐野さん、豆柴のレイちゃん
    2010年3月7日 佐野 さん(神奈川県) 豆柴  アカ  女の子 レイちゃん 店長からのコメント ブリーダーさんのところで待ち合に、店長が遅れてしまったのですが、佐野さんご夫婦は豆柴の子犬達と一緒に待っていてくださいました。最初のご希望では2010年生まれの子犬をお探しだったのです。 初めに2010年生まれの子を見学して、それから昨年生まれている子も見学したのですが、その中に外が怖くて仕方ない様子の女の子がいたのですが、その子が心にとまり、他の子ももう1度見たのですがやはり、佐野さんは昨年生まれの、物静かな感じの女の子を選びました。 私の目から見ても楚々としか雰囲気のある女の子でした。 そして、翌週の日曜日に、又、決して近くない距離のブリーダーさんまでお迎えに、車で行ってくださいました。 佐野さんの言葉の中にある「私達は犬を飼い初めたのではなく、育て始めた感じです」とおっしゃっているのは、本当の家族と考えていらっしゃるからなのですね。 今、教えている訓練も長い一緒の生活から見れば、ほんの「ひとこま」となって「最初は訓練したね」と笑い
    2010-02-18
    兵庫県:菜月さん、豆柴のサスケ君
    菜月さんは2008年10月生まれの豆柴・赤・女の子を育てているのですが、今回は2頭目も育てることに決まりました。 新しく迎え入れる子は女の子にするか、男の子にするか、とても迷っていて、ブリーダーさんに見学に行った時も、まだ決心がつきませんでした。いろいろと思案をして、今回は頃の男の子に決まりました。 最初のララちゃんが、トイレもすぐに覚えて、まったく手がかからなかったのですが、今回のサスケちゃんはトイレもまだしつけ中で、男の子と女の子の違いを、感じている日々です。 サスケちゃんがまだ幼いので、予想外のこともあると思いますが、ララちゃんと馴染んでくれば、良いパートナーとしての楽しい毎日を送れることでしょう。
    2010-02-06
    大分県:修さん、豆柴のまめた君
    修さまは最初から「白の豆柴」と決めていらしたのですが、運良くすぐにご紹介することが出来ました。 白の場合は出産が少ないので、お待ち頂く場合も多いのですが、今回は修さまのご家族と縁が強かったのでしょうね。 最初にご紹介した画像は、カラーがもう少しクリームがかっていたのですが、ブリーダーさんが受け渡しの前にシャンプーをしたら「真っ白になったよ」とのこと。 高額の子犬を画像でのご紹介なので、カラーのことは、とても気を使っているのですが、これは初めてのことでした。 お嬢様達に囲まれてまめたちゃんはアイドルになることは、間違えありませんね! でも甘噛みが始まったので、「根気強く教えてください」とお願いをしました。
    2010-02-02
    兵庫県:仁さん、豆柴のピッピ君
    仁さんは最初は女の子をご希望でしたが、店長の手違いで女の子がご紹介できなくなり、男の子のご紹介に変更させて頂きました。 早い時期から、愛称も「ピッピちゃん」と決まり、呼びやすくていい名前だと思います ピッピちゃんが到着の日も、運送会社の営業所で待たせるのが不憫で、朝4時半にお迎えに行ってくださいました. ピッピちゃんのパパとママは「一生懸命可愛がります」とおっしゃって、ピッピちゃんとの生活を楽しむ日々を送っています。。
    2009-08-10
    愛知県:素子さん、豆柴の楓君
    素子さんは、最初からクロ・男の子と決めていらして、お問い合わせをくださいました。 ちょうど運よく、クロの子がおりましたの、ご紹介をしましたら、ご家族と相談をなさってスグに気に入ってくださいました。 夏休みには、ご旅行などの予定があったので、一段落したところで、ブリーダーさんまで颯ちゃんをお迎えに行ってくださいました。 お嬢さんも息子さんも颯君がとてもお気に入りで、今まで好きだった「ゲーム」を手にする時間が減って、颯君と遊ぶ時間がたくさん増えました。 子供さんお心の成長に、「命の尊さ」や「生き物の温かさ」に触れて、豊かな人間性が育つことは、間違いがないと思います。 子犬でも「甘噛み」などがありますが、そうしたことに対する「怖い」という気持ちを、大人の人がきちんと取り除いてあげれば、子供と新しい犬との関係は上手く築けるので、颯ママに拍手ですね。
    2009-08-10
    神奈川県:秀明さん、豆柴のタロー君
    秀明さんがお問い合わせを下さったときに、見学にご案内できる場所に豆柴が生まれていましたにでお約束の場所でお会いしたご夫婦は、お二人とも「犬大好き」のオーラがある方でした。 対面した豆柴ちゃんは2頭でしたから、1頭ずつ愛おしそうに抱っこしては、迷っていらっしゃいました。シロとアカの子がいたのですが、最終的にはアカの子に決まりました。 今すぐには迎え入れる準備が整っていないので、1週間は店長宅でお預かりすることになりました。 2頭兄弟が一緒だったためか、まったく鳴き声を聞くこともなく、食事の時間が近くなると、きちんと「お座り」をして待つ本当に賢い子でした。 それでも兄弟と離れて、秀明さんの家に到着したあとでは、ペットシーツをカジカジしてしまったようなんので、子犬にとって、親・兄弟と離れることが、どれほど寂しいことなのか、身を持って感じた出来事でした。今は、秀明さんのお宅にすっかり馴染み、女性陣にモテモテのタロー君です。
    2009-07-23
    埼玉県:ひろみさん、豆柴の風花ちゃん
    ひろみさんは、今年の2月に最初のお問い合わせを下さいました。ご家庭の事情もあって「夏ころ迎えられます」とのことでした。 丁度、ご希望の時期に白の女の子が1頭だけ生まれて、わざわざブリーダーさんまで見学に足を運んでくださいました。もちろんすぐに気に入って予約になりました。 愛称も「風花ちゃん」という風情がある名前を貰ったのですが、4日目に遊びで興奮して、足を捻挫して獣医さんおお世話ににりました。 今では、すっかり回復して、ご家族の皆さんに笑顔を届けている風花ちゃんです
    2009-07-21
    東京都:剛之さん、豆柴の凛ちゃん
    剛之さんは、ご家族を代表してブリーダーさんまで、お一人で見学に行ってくださいました。綺麗な柄の女の子で即に決まりました。 到着後には、凛ちゃんはふやかしたフードは好まなくて、カリカリのフードを好んだのでので、「ささみ」などをトッピングすると良く食べてくれました。 剛之さんのご家庭ではお嬢さんが二人いますので、3人目のお嬢さんとして、凛ちゃんは可愛い存在感をますます発揮してくれることと思います。
    2009-06-02
    富山県:希さん、豆柴の桃子ちゃん
    希さんは「見学に行かれる犬舎の子」をご希望でしたので、店長は遠距離のブリーダーさんの豆柴をご紹介することを躊躇したので、電話をさせて頂きました。 会話をさせて頂いた感じは「とても柔らかいイメージ」の方でした。お話しが進むうちに「画像の紹介でも大丈夫かも・・・・」とのお気持ちになってくださり、桃子ちゃんの画像を送信しました。 希さんは「この子を縁がある気がします」とご予約になりました。 到着した日は夜鳴きをして、桃ちゃんママに優しくしてもらったので、今はマイペースで寝て、寂しくなるとママのベッドの隅っこで寝ていて、朝5時半には起きて元気印の桃子ちゃんです。 好物は「ササミの蒸しもの」が大好きで喜んで食べ、体も順調に成長しています。
    2009-05-29
    徳島県:陽子ちゃん、豆柴のモコちゃん
    徳島県の新しいご家庭に到着するまでに、大きな難関があったのでした。 5月2日から、ETC車が高速道路1000円になってのGWだったので、羽田空港に行くのに、東名高速を使わなければいけないので、運送会社から「生き物は渋滞時間が予測できないので運べません」と断わられてしまったのです。 ブリーダーさんは「受け渡しは1週間先に延ばしたほうがいいですよ」とのこと。確かに1週間延ばせば確実なのですが、お嬢さんが指折り数えて待っていて、お休みの間に一緒に過ごすのを、とても楽しみにしているのを知っていた私は、どうしても、約束の日に届けたいと思いました。 それから、飛行場まで行ってくれる赤帽さんを探したのですが、連休なのと、混雑がひどいので、断られ続けましたが、1時間ほど探して、やっと引きうけてくださる方がいて、ホッとしました。 お嬢様達が、対面してから「可愛い・可愛い」の連続で「撫で撫でを続けていました」とのお母さまからの言葉を聞いて、約束を守れて良かったと思いました。
    2009-05-19
    山形県:和彦さん、豆柴のニコ君
    和彦さんはお問い合わせを頂いて、画像をご紹介をしましたら、即座に「この子が気に入りました」とご返事を下さったのです。 とても早かったので、きっと強いご縁があったのでしょう・・・・と店長は感じました。 ブリーダーさんから山形県までは、遠距離なので東京まで、お迎えに来てくださり ゆっくりと、ご自宅まで帰ることができました。 それでも、距離が長かったので、ニコちゃんはお疲れで食欲もなく、鳴き声もなかったのですが、3日目ころから、元気ハツラツになり、じゃれてくるようになりました。 今は8時就寝・4時起床の早寝・早起きの元気な日々を過ごすニコちゃんです。
    2009-04-20
    新潟県:多実男さん、豆柴のチョビ豆君
    ちょび豆君という、愛らしい名前をもらい、健やかに成長している日々です。 ちょび豆パパは最初のご希望欄のコメントが「性格の良い豆柴を探しています」とのことだったので、希望にマッチした愛犬が家族になったのでしょうね。 パパは、お仕事が忙しくて、お迎えの場所も遠距離だったので、家族になるまでに時間がかかってしまったのですが、その分、対面してからは、充実した日々を重ねています。 トイレの覚えも早くて、親孝行なちょび豆君です。
    2009-03-30
    広島県:博さん、豆柴のまりちゃん
    博さまも、最初から愛犬の愛称は決まっていました。 先代のシェルティーの愛称が「まりちゃん」でしたので、その愛称を受け継いだのです。シェルティーまりちゃんのブログにも、その愛情いっぱいに様子が、暖かい様子で、掲載されていました。 まりちゃん第2号となった豆柴ちゃんは、生後2か月の体重が1.1キロとプチサイズだったので、まだフードを食べる分量も少なくて、まりちゃんパパは、スタート時は心配をしましたが、今ではカリカリのフードも、好んで食べるようになっています。 最初は大人しくて、夜泣きもしなかったまりちゃんですが、到着から1週間もしない間に、すっかり回りの様子も理解して、すでにお転婆ぶりを発揮して、存在感を示しはじめました、 小粒ながらも心も体も、健やかな豆柴に成長してほしいと願う店長です。
    2009-03-22
    東京都:亮さん、豆柴の陽菜(ヒナ)ちゃん
    亮さんは東京都から半日かけて静岡のブリーダーさんまで見学に行ってくださり初対面ですぐに気に入ってくださいました。まだ生後1か月ほどのころでしたが、その時からもう愛称が「陽菜ちゃん」に決まっていました。 自宅に到着した陽菜ちゃんは、最初の夜から夜泣きをしたので、ママたちはオロロ して、可哀想で仕方がありませんでした。家族がお出かけするときに、ビデオを回しておいたら、1時間くらい寝て、目をさましては「クークー」ろ寂しそう鳴いていたそうでした。 店長のアドバイスとしては「可哀想と思わずに、お留守番の役目を覚えてもらってください」とお知らせしたのですが、もうすぐ陽菜ちゃんも、生活のリズムを理解して時間の過ごし方が上手になってくれることと思います。
    2009-01-20
    東京都:満樹さん、豆柴の林檎ちゃん
    満樹さんは、ちょうど1ワンドットコムが「クリスマスセール」をしている時に問い合わせをくださったので、お求めやすいクロ・豆柴をご紹介したのですが、その子のカラーが、少し地味だったので、次の出産の子犬を待って購入を決めて下さいました。 その子が又、ご覧のような美形の女の子だったのです。柄が綺麗なだけではなく、顔のバランスも良くて、ステキな女の子です。 店長が紹介した時点では、柄が派出な点だけが、目立っていたのですが、お届け後に、写真をみせて頂いて、私もひとりでに笑みがこぼれてしまいました。 福島県で育つ林檎ちゃんは、育つ土地にちなんだ愛称もステキですね。
    2009-01-14
    東京都:昌美さん、柴犬のフウカちゃん
    昌美さんは、最初に「子犬と対面して購入を希望」なさっていたのですが、「地方都市のブリーダーさんですが、いい柴犬がいますよ」とお話したら「画像の紹介でもよいです」とのことになり、トントン拍子に話しが進みました。お迎えの時にはお嬢さんも一緒に行きましたが、もう可愛くて目尻が下がりっぱなしになってしまいました。ゲージにペッボトル型の水飲みをセッチングして1度教えたら、上手に飲んだので「頭がい~い」と・・・・なにをしても、フウカちゃんの行動に目を細めてしまうお嬢さんです。 お嬢さんの心の成長にフウカちゃんの存在が、よい影響を与えてくれることは間違えがありませんね。
    2008-12-23
    滋賀県:クミコさん、豆柴のラブちゃん
    クミコさんから届いた家族集合の写真を拝見して、そのお嬢さんたちがあまりにも スバラシイ笑顔なので、思わず一人で「ワッ可愛い!」と声が出てしました。 ご両親がクリスマスプレゼントにお嬢さんたちに内緒で、こっそりとゲージなども準備して、豆柴ちゃんを迎え入れました。 朝、目が覚めるたら自宅にラブちゃんが居たので、3人とも、それはそれはビックリして、大喜びしたことでしょう・・・・ これ以上ステキなクリスマスプレゼントはありませんよね! 今年の冬休みはラブちゃんを妹にしたので、今までよりも、もっとご家族に笑い声が増えて、賑やかな日々を過ごしていることでしょうね。  
    2008-12-14
    東京都:一隆さん、豆柴のペコくん
     一隆さんは、最初から「白・豆柴」をご希望なさっていました。店長がご紹介した白の子はタッチの差で、お客様が決まってしまいました。その次の出産の子が生後3週間になるのを、待ってブリーダーさんまで見学に行ってくださいました。ちょうど一隆さんの実家とブリーダーさんが同じ市内なので、見学には好都合でした。 豆柴ちゃんを受け渡しのときも、再度ブリーダーさんまで訪問をしてくださいました。 ペコちゃんは、小粒なままスクスクと成長して、一隆さんに楽しいワンコライフをお届けしています。
    2008-12-06
    埼玉県:今日子さん、柴犬のもみじちゃん
     今日子さんは柴犬・クロ・女の子をお探しでしたが、ちょうど同じ県内に見つかりました。生後2か月を過ぎていたのですが、店長は「この子は絶対に気に入ってもらえる」と即座に感じました。お問い合わせを頂いたその週末にご家族全員でブリーダーさん訪問をして下さいました。やはり対面してすぐに気に入って貰えました。このように子犬と「縁」が深いお客様は本当に短期間で、新しい家族が見つかる見本のような今日子さん御一家でした。 息子さんが本当に愛おしい様子で、柴犬の頭を撫でている姿が、今も目に浮かびます。
    2008-10-24
    大阪府:美和子さん、豆柴の女の子
    美和子さんは最初から豆柴の赤・女の子をご希望で、複数の子犬をご紹介できました。顔のイメージがだいぶ違ったので、ご家族の中でもどちらの子を迎えいれるか、迷っていらっしゃいました。やはり1度家族になると、10年以上の年月を一緒に暮らすので、十分ご相談なさったようでした。 店長は「もし他のお客様に決まってしまったら、困るなぁ・・・・とチョッピリ心配でしたが、それは不安に終わりました。 ちゃんと美和子さんが選んだ豆柴をお届けできて、子供さんたちも対面と同時に喜んで下さり、よかったです。
    2008-09-29
    北九州市:薫さん、豆柴の空ちゃん
    薫さんは、お電話で数回お話をしていましたので、始めての方の気がしませんでした。ブリーダーさんから薫さんの、お住まいには飛行機の直行便がなくて、乗継ぎのための待ち時間とかもあり、到着までは心配をしておりましたが、元気に薫さんのご家族と対面できて、安心しました。息子さんとお嬢さんの心の成長にも、空ちゃんが大きく係わり、お二人とも、丸い心に育ってくれることでしょう
    2008-09-29
    横浜市:健太郎さん、豆柴の小春ちゃん
    小春パパと小春ママは、遠距離なのですが、ブリーダーさんの所までわざわざ足を運んで、対面をしてくださいました。最初は男の子の予定でしたけど、可愛い顔の女の子見たら、思わずそちらに心が動いて、女の子に決めたお二人です。でも、店長は見学に行かれる時から「対面したら、この女の子に決まるかもしれないわ」と予感がしていました。写真で見ても、その顔立ちは目立っていましたから・・・・無駄吠えも少ないようなので、健やかに成長してくれることでしょう。
    2008-09-24
    兵庫県:敦子さん、豆柴のななくん
    敦子さんは9月初旬に子犬お探しの電話をくださいました。とても感じの良いお電話で「このような方とご縁があるといいな~」と感じていました。それからお話がスムーズに進み、豆柴の男の子をご紹介することができました。 到着の日を指折り数えて、待ってくださり当日は朝4時前からお迎えに行って下さいました。 ご家族の愛情を全部受けて健やかに育ってくれるななちゃんの将来がとても楽しみです
    2008-09-04
    滋賀県:Kさん、豆柴の宙(そら)ちゃん
     Kさんは以前に飼っていた豆柴が体が弱くて、獣医さんにずいぶん費用が必要だったので「今度は体の丈夫な子」とのご希望で、豆柴をお探しでした。出産があるブリーダーさんまで車でだいぶ距離があったのですが、愛犬のシロ柴も同乗させて見学に足を運んでくださいました。Kさんは日本犬が大好きな方で、実家にもクロ柴が2頭いますして、写真を送ってくださいました。今回受け渡しした豆柴は健康そのもので、大きい柴犬にも立ち向かっていくガッツがある宙ちゃんで、将来がとても楽しみです。
    2008-06-04
    東京都:土屋さん、コーギーのチャピくん
     土屋さんは、以前に柴犬を飼っていたそうで、今回も「柴犬はいかがですか?」とお勧めしたのですが、子供さんがご紹介したコーギーの写真を見て、すぐに「この子がいい」と決めたそうで、犬種はコーギーにきまりました。コーギーは太い声で吠える子もいるので心配をしたのですが、幸いにチャピちゃんは、無駄吠えもなくて、快食・快便でスクスクと成長しています。
    2008-05-24
    東京都:勝田さん、豆柴のメロンくん
    シロの豆柴は本当に人気が高くて、今回もブログに出産を掲載して、一番にお問い合わせを下さったのが、 勝田さんでした。1ワンドットコムでは先着順にご紹介していますので、目が開いてすぐにご夫婦で見学に行って下さいました。 到着したメロンちゃんは最初の数日間は下痢をして、メロンママを心配させたのですが、4日目にピタリと止まりひと安心でした。 毎日仕事で疲れて帰ってきても、玄関にメロンちゃんがお迎えしてくれれば、思わず「ホッ」としてしまうでしょうね。でもメロンちゃんが気になって休日でも外に出るのがイヤになってしまうかも・・・・・
    2008-05-24
    兵庫県:国沢さん、柴犬のフルーツくん
     国沢さんは最初から、「絶対見学希望」でしたが、ちょうどクロ・柴犬の出産が見つかりました。子犬の居る場所が3県を跨ぐ距離でしたら、見学に足を運んで頂けるか心配でしたが、ご家族全員でブリーダーさんを訪問してくださいました。対面したら、息子さんもお嬢さんもすぐに気にいってくださいました。 今は国沢家にアイドルとして、ご家族に元気を与え、癒してくれる存在です。
    2008-05-03
    高知県:高木さん、豆柴の陽(ハル)ちゃん
     杉本さんは3月中旬にお問い合わせを下さったのですが、女の子はいませんでしたので、次の出産まで待っていただきました。子供さんが3人いらっしゃるのですが、皆さん豆柴の到着を首を長~くして待ってくださいました。長男の方は噛まれても乗られても楽しそうに相手をしているそうで、次男の方は、トイレやハウスのしつけ重視で三男の方は気ままに楽しげに接しているのです。 陽ちゃんパパはお仕事で、出張が多いのですが、息子さんたちが写メールで陽ちゃんの画像を送信してくれるので、一人になったときに、その画像を眺めるのを楽しみになさっています。
    2008-04-23
    北海道:甫木さん、豆柴の小鉄くん
      甫木さんは北海道のペットショップで豆柴を探していましたが、なかなか巡り合うことができなくて、ネットで見つけることに決めて、1ワンドットコムとご縁ができました。やはり生き物をネットで購入することに不安がありましたが、購入を決めてからは、豆柴専門の書籍を購入なさったり、とても熱心な小鉄ママです。 対面してからは、もう小鉄ちゃんにメロメロになってしまい、どんな仕草も可愛らしくて、癒される日々を過ごしています。息子さんも小鉄ちゃんが来たことで寂しい思いも減り、お兄さんぶりを発揮しています
    2008-04-20
    宮城県:中村さん、豆柴の海くん
     中村さんは、お仕事をリタイアなさったら「自宅で犬を飼う生活」にあこがれていましたが、やっとその夢がかないました。最初から・クロ・豆柴・男の子をご希望で、ご紹介した子をすぐに気にいって下さいました。  中村さんが海上保安庁のお仕事をなさっていたのにちなんで、愛犬の名前は「海君」にきまりました。名前のごとく力強いワンコに育っているようで、首輪をつけようとしても「イヤダヨ~」と逃げまわる海君です。
    2008-02-08
    東京都:小島さん、豆柴の花子ちゃん(女の子)
     小島さんは、丁度1年前の1月にお問い合わせを下さったのですが、店長の手違いもあり、途中でご紹介が途絶えてしまいました。それでも小島さんの方から再度メールを入れて下さり、お話を前に進める事が出来ました。ブリーダーさんの所まで往復で6時間以上掛かるのですが、見学に足を運んで下さいました。ブリーダーさんからは上品な方だね。」と、お褒めの言葉を頂き、私まで嬉しくなりました。  花子ちゃんのママは、初日は緊張して疲れてしまったりしましたが、トイレも大分マスターしてくれた今は、ご主人の実家の長野まで花子ちゃんを同伴して、少しずつ行動範囲を広げています。ワクチンがすべて終わり、暖かい日差しの頃になれば、沢山のワンコフレンドが増えて、お花見なども、花子ちゃんと一緒に楽しめることでしょう。
    2007-12-24
    大阪府:鈴木さん、豆柴のロニーちゃん(男の子)
     12月初旬に豆柴の黒をお探しだった鈴木さんにピッタリのタイミングで豆柴の黒が生まれていました。お嬢様がとても豆柴を気に入って、いろいろ調べていらした時に、1ワンドットコムを知り、電話を下さいました。話しをさせて頂くと、「豆柴の到着が愉しみで仕方がない。」様子がヒシヒシと伝わってきて、店長も嬉しくなりました。クリスマス直前に到着したロニーちゃんは最高のプレゼントになり、鈴木家の皆様に喜びの種をまいてくれたことでしょう。
    2007-11-23
    愛知県:橋本さん、豆柴のリクくん(男の子)
    リクちゃんママに抱かれたリクちゃんは優しい表情ですね。トラック便で届けられ事が心配で、朝3時に起きてお迎えに行ってくださるその飼い主の優しさが、そのまま仔犬にも伝わるのかもしれませんね。  フワフワはベットやおしゃれな洋服を前もって準備してもらい甘えん坊にならないかチョッピリ心配です。橋本家の5人の皆様に癒しを与える日々が過ごせそうですね。
    2007-11-08
    山口県:平井さん、豆柴の小次郎ちゃん(男の子)
     平井さんは、最初から豆柴のシロをお探しでしたが、本当にピッタリなタイミングで、シロ仔犬の出産があったのです。シロの豆柴が生まれることは、1年間にかぞえるほどしかないので、ラッキーなことでした。店長が紹介した豆柴を直ぐに気に入ってくださったのですが、受け渡しの生後50日までは、かなり時期があったので、お嬢様は、首を長~くなってしまいました。  その分、対面した時の喜びも大きくて、小次郎ちゃんに愛情を一杯注ぐお嬢様です。
    2007-11-07
    秋田県:中川さん、柴犬のシュウちゃん(女の子)
     シュウちゃんはブリーダーさんから羽田空港に到着して、それから秋田空港まで行く長旅だったので、小さな体にストレスがかからないか心配をしたのですが、幸い気候もいい時期だったので、スムーズに中川家の中入りが出来ました。  新しい環境に馴染むのが早く、「お座り」と「お手」も直ぐに覚えて、今は、家の端から端まで全力で疾走したり、狭い道をわざわざ通って探検したり、元気一杯の日々です。シュウちゃんは、心も体も順調にスクスクと成長しているのですね。
    2007-10-24
    愛媛県:江刺さん、豆柴のシンちゃん(男の子)
     江刺さんは6月初旬に豆柴をお探しでしたが、出産が有りませんでした。やっと出産があり、画像を紹介して、気に入って頂きました。ところが、当方の手違いがあり、ご紹介した子犬を江刺さんにお渡しできないことになり、本当に、申し訳ないことをしてしまいました。  それでも「次に生まれのを待ちますよ。」と気持ちを大きく持って下さったので、店長は助かりました。9月3日生まれのクロの子犬を一番に江刺さん用にキープして、やっと受け渡しになりました。新しく家族になったシンちゃんですが、無駄吠え、夜鳴きも無い賢い仔犬でどんどん江刺家に馴染んでいます。トイレもあと一息ですが、今週末にはきっとマスターすることでしょう。
    2007-09-21
    埼玉県:田島さん、豆柴のコシバちゃん(男の子)
     田島さんは実家で12年間飼っていたハスキー犬が3月に他界したので、お父様にプレゼントする豆柴を探していらっしゃいました。そのハスキーちゃんは、お話を伺うと吃驚するほどおとなしい性格だったようで、育てやすかった様子でした。  今回ご紹介する子犬も「大人しい子」を、ご希望でしたので、マッチングして、ご紹介した所、直ぐに気に入って下さいました。田島家にやってきたコシバちゃんは、無駄吠えも少なく、とても育てやすい仔犬でした。しばらく、娘さんの家で育てて、外飼いが出来る月齢になったら、お父様に渡すのですが、きっとご実家の皆様にも可愛がられることでしょう。
    2007-09-19
    大阪府:松本さん、豆柴のマシャちゃん(男の子)
     松本さんは、HPの写真をご覧になって、一目惚れで「○○番の豆柴をお願いします。」とメールを下さいました。お客様の気に入って下さった仔犬をブリーダーさんに連絡すると「今日予約金が入金になったのよ」との返事を受けたことも何度かあるので、「まだ予約になってませんよ~に。」と祈りながら早速、ブリーダーさんに連絡をしましたら、大丈夫でした。  松本さんのご要望に添えてホットしました。マシャちゃんは、トラック便で松本さんの自宅近くの運送屋に届きましたが、運送会社のお兄さん達にも「可愛い」とモテモテでした。新しい環境で寂しくて、夜鳴きをしたマシャちゃんですが、食欲旺盛で、この先もスクスクと成長することでしょう。
    2007-09-10
    大阪府:西さん、柴犬のチロちゃん(男の子)
    柴犬でも豆柴でも、一番多く生まれるカラーはレッドで二番目が黒ですが、シロの仔犬は、本当に数が少ないのですが、幸運なことに車で、行かれる距離に白の子運が生まれていました。ブリーダーさんの所まで、お迎えに行ってくださり大切に自宅まで運ばれて来ました。  名前は最初はシロに決めていたのですが、真っ白ではなく、耳の後ろが少し茶色だったのと、先住犬のロングチワワの愛称がプチちゃんなので、プチちゃんのチとシロちゃんのロを取ってチロちゃんに決まりました。初めての予防接種でも鳴きもせず落ち着きがあって、とても賢いと獣医さんに褒められて、この先が楽しみなチロちゃんです。
    2007-09-08
    東京都:村山さん、響(きょう)ちゃん(男の子)
      村山さんもご紹介したレッドのオスの仔犬を直ぐに気に入ってくださいました。ご自宅近くの運送会社の営業所に『早朝に到着します。」とお知らせしましたら、「少しでも早くお迎えに行きたいので到着時間を教えてください。」とのことでした。お嬢さんは、響ちゃんの到着が、そのくらい楽しみだったのですね。  移動のストレスや夜鳴きもなく元気に、村山家のオ仲間入りをした響ちゃんは優しい家族の愛情を一杯もらって健やかに成長することでしょう。
    2007-09-07
    東京都:南さん、豆柴の福丸ちゃん(男の子)
     南さんは友人を介しての紹介でしたが、最初は「ジャックラッセルテリア」か「豆柴」かで迷っていたのですが、友人も「豆柴の方が育てやすい。」とアドバイスをして下さったので犬種がそれで決まりました。  福丸ちゃんと対面した瞬間の言葉は、「ワッ!可愛い」でした。生後2ヶ月でしたが、体重が1キログラムもなかったので、小さく感じたのでしょうね。福丸ママは、甘噛みのこと、トイレこと等々、不安もあるのですが、キョトンとした福丸ちゃんの目にメロメロの日々です。
    2007-09-05
    滋賀県:高橋さん、豆柴のリンちゃん(男の子)
     8月下旬に、豆柴の黒か白をご希望でしたが、やはり出産が少ないのでレッドをお勧めした所、直ぐにブリーダーさんの所まで御家族揃って見学にいらして下さいました。  生後40日位の可愛い盛りの豆柴ちゃんと対面して、直ぐに予約をなさいました。それから、ワクチンを接種して、1週間後には高橋家の家族として迎えられました。「リンちゃん」との愛称を貰い5人家族の皆様を癒し続けてくれることでしょう。
    2007-08-28
    鹿児島県:永田さん、豆柴のクロちゃん(男の子)
     6月中旬に豆柴の黒をお探しだった永田さんですが、男の子は出産がなくて、8月にやっとご紹介が出来ました。ご自宅近くで、黒豆柴の出産予定があり、見学できるメリットは大きな魅力で、とても迷っておられました。  確かにネット販売のデメリットは「見学するのに遠く過ぎる。」場合が数多くあるので、近くに、子犬が生まれていれば、心が揺れると思います。  今回はきっと深い縁があったのでしょうね。コテツちゃんは永田家の家族に決まりました。移動のストレスは全くなく、やんちゃで元気がはちきれそうなコテツちゃん。きっと、永田家の皆さんをめまぐるしくさせてしまうのでしょうか?
    2007-08-23
    東京都:山室さん。柴犬のココアちゃん(女の子)
     夏休みの前半に豆柴か、柴犬をお探しだった山室さんですが、豆柴の黒は出産が少ないので、柴犬をご紹介しました。  顔の印象がハッキリした仔犬だったので、山室さんは直ぐに気に入って下さいました。子供さんたちは「後何回寝たら、ワンちゃん来るの?」と一日に何回も質問して首を長くして待っていました。待望のココアちゃんは1週間過ぎても、夜鳴きをしているので寂しがりやなのかも知れません。それと、食糞の癖もあるので、一歩ずつ改善されるのを願っています
    2007-08-15
    東京都:野村さん、豆柴 名前検討中(女の子)
     野村さんはネット環境ではありませんでしたので、最初から、電話で対応させて頂きました。それでも豆柴の画像を郵送できるには、3週間程雄町下さいました。画像を3頭送りましたが、その中で一番可愛らしい女の子に直ぐ決まりました。ブリーダーさんが東京に来る折とタイミングが合い手渡しをしてくださいました。  もちろん生後50日過ぎですが、体重は800g程の小振りな仔犬でしたから、対面して吃驚なさるのも無理はないと思いました。それでも、日毎に野村家のニューファミリーとして、やんちゃをしたり、皆を癒したりしてスクスクと成長してほしいものです。
    2007-08-10
    大阪府:川口さん、Mダックスのコタローちゃん(男の子)
     川口さんは、Mダックスをお探しになってから迎え入れるまでの期間が1週間程と、短期間でした。Mダックスはカラーバリエションが豊富ですが、その反面、お客様の好みともマッチングが難しい反面もあるのですが、川口さんは、1回目で直ぐに気に入ってくださいました。犬好きの奥様もコタローちゃんの賢さに大喜び!川口家に笑顔を一杯お届けているコタローチャンです。
    2007-08-05
    長野県:大橋さん、豆柴のココアちゃん(女の子)
    店長からのコメント  大橋さんは7月下旬に豆柴をお探しでした。ちょうど富山のブリーダーさんの豆柴を紹介したら、直ぐに気に入ってくださいました。受け渡しは、大橋さんの自宅近くのインターチェンジでしたが、お嬢様も一目でスッカリ気に入って下さいました。先住犬の柴犬とも仲良く暮らすココアちゃんです。  大橋さんも最初は、ワクチンのことや不安が一杯な様子でしたが、今は自身一杯のココアママです。
    2007-08-02
    神奈川県:津田さん、豆柴のプクちゃん(女の子)
     4月末に豆柴のお問い合わせを下さったのですが、生まれている子犬が居なくて、一ヶ月間も待って頂きました。五月末にやっとレッドの女の子が一頭だけ生まれたのを、直ぐに一日がかりで、見学に行ってくださいました。一目見て直ぐに気に入って予約になりました。  津田家に可愛い子が届いたのは、7月末になりましたが、途中の画像を、ご覧頂いていたので、成長は判って下さっていました。移動直後に、虫が出てしまい獣医さんのお世話になりましたが、今は、スッカリ元気になり、食欲旺盛なプクちゃんです。
    2007-06-25
    茨城県:富田さん、シベリアンハスキーのCHOBIちゃん(女の子)
      昨年秋に先代のシベリアンハスキーと、悲しいお別れをした富田さんは、最初からハスキーの女の子で、カラーのイメージも決めていらしゃいました。 本当は、事前の見学を希望なさっていましたが、時間的に厳しく、画像でのご紹介となりました。幸いハスキー専門のブリーダーさんで、イメージに合った仔犬が生まれていましたので、直ぐに気に入っていただきました。  CHOBIちゃんのために庭でのびのびと育てる環境を整えたり、犬育てのベテランの富田さんの元で、素直な性格の仔犬に成長してくれることと思います。
    2007-04-29
    埼玉県:加藤さん、フレンチブルドッグのジェームス君(男の子)
     HPの画像をご覧になって、最初から「ご指名」で、ジェームス君を選んで下さいました。フレンチブル等の犬種はお客様にお届けする方法が難しいのですが、幸いブリーダーさんと加藤さんの住まいが遠方でなかったので、スムーズに受け渡しが終わりました。   新しい環境で回虫が出てしまいましたが、今では、3個目のベッドも破壊するほど、元気一杯に過ごしています。
    2007-04-29
    福井県:神谷さん、ブルドッグのりくちゃん(男の子)
    神谷さんも3月はじめからブルをお探しでした。「必ず見学したい」とのご希望でしたので、お住まいの近くのブリーダーさんをご紹介しましたが、金額面で折り合いがつかなくてご縁がありませんでした。その後、何回もご紹介をしている間にだんだん「写真でも良い」と思ってくださいました。 やはりブルのように出産が少ない犬種は「対面したい」と強く望まれた時は、どうしても厳しい部分が多いのですが、「画像でのご紹介」も納得して頂けると、選択肢は大きく広がります。今回も最終的には画像だけのご紹介だけで気に入るってくださり、購入を決断してくださいました。見学しての購入ではありませんでしたが、りくちゃんをとても気に入ってくださり、一生懸命ブル育てをなさっている様子で「この子に決めてよかった」と思っていただけることを願っています。 やはり、最初は「怪しそう」と感じていらした方が、少しずつやりとりをしている間に「不安感が払拭されて、信頼に移り変わった」との言葉はネット通販で子犬をお届ける店長冥利に尽きると思います。お一人お一人に誠実な対応をして、子犬の体にも優しい今のご紹介方法を少しでも多くの方に、広めて行き
    2007-04-29
    石川県:糸崎さん、ブルドッグのボスちゃん(男の子)
    糸崎さんは2月ころから、ブルドッグを探していらして、ず~っと待っていてくださいました。今回は4頭の兄弟でご紹介しましたが、かなり迷われていました。過去に2回もブル育てをなさっているので、ご家族全員もブルの大フャンなので、ご家族で意見を統一なさって、このボスちゃんに決定なさいました。 予約をなさった後もとても愛犬の様子が気になるようで、何度も電話をしてくださって、それはそれは楽しみになさっている様子で、空港へのお迎えはご家族5人で行ってくださいました。一目ご覧になって「「写真よりも可愛いねぇ」と電話をくさいました。 ぼスちゃん専用に10畳ほどの遊びスペースを作ってもらい、とても幸せな環境の中で今日も皆に愛されている日々を過ごしていることでしょう
    2007-04-07
    東京都:澤田さん、豆柴の小春ちゃん(女の子)
    豆柴の小春ちゃんは、体のバランスがとても良い子で、柴犬の体型を本当にそのまま縮小した体で、日本犬保存会の年配のブリーダーさんにも「柴犬と同じ体の豆柴なんだね」と感心されていた子犬でした。その上生後3ヶ月過ぎなのに体重を店長が計ったら、1.6キロでした。しっかりしていて他の子犬が寂しくて夜中に鳴いているのに、小春ちゃんはまったく鳴くこともなく寝ていました。子犬なのに仕草が大人の犬のような小春ちゃんでした。 初めて対面したら子供さんの6つの瞳が小春ちゃんに釘付けでした。もう触りたくて触りたくてワクワクな様子がこちらにも伝わってきましたが、移動で疲れている小春ちゃんのために、少し我慢してもらいましたが、今はすっかり仲良しになり、澤田家で存在感を示している小春ちゃんです。 店長もどんな体の女の子になるのか、楽しみで夏ごろに、面会に押し掛けてしまいましょう
    2007-04-07
    東京都:渡辺さん、豆柴のムクちゃん(男の子)
    豆柴のムクちゃんは、「まだまだ先でも良い」と考えていらした渡辺さんの元に縁があってすぐに迎えられることに決まりました。こんなに即座にマッチングするのも珍しいほどで、人間の縁談ではありませんが、「ご縁があった」と痛感した出会いでした。 ムクちゃんは店長宅にお泊まりした夜は寂しくて夜中の1時ころからずっ~と鳴いていましたので、店長がゲージに手を添えてあげるとやっと安心して寝てくれました。羽田空港から店長宅まで移動の間は本当におとなしくて、一声もなかったのですが、2晩店長の家に泊まっただけで大変身をしていて、1ヶ月先にうまれた女の子と一緒のゲージに入れて、移動したら、10分もしない内にムクちゃんと小春ちゃんがケンカを初めてギャーギャーと本気なのです 1日ごとにこのくらい成長するものだと、改めて痛感した店長でした。渡辺さんはお母様にプレゼントなさったのですが、ご家族でお出迎えしていただき「おとなしいムクちゃん」に瞬間で返信したのには笑ってしまいました。 最初は飼い方で心配をなさっていましたが順調に渡辺家に馴染んでいるようで何よりです
    2007-01-16
    愛媛県:矢野さん、豆柴の風ちゃん(男の子)、ミニちゃん(女の子)
      矢野さんは、豆柴を決めるまでの間も、受け渡しの間も本当によく電話で相談をしてくださる方でした。日本犬が大好きで豆柴の顔の好みもはっきりしていましたので、直ぐに『この子にしましょう』と2頭の購入を決心なさいました。  ご主人はすでに、豆柴を育てていらっしゃるので、今回購入したゴマの豆柴はお嬢さんが面倒を見て、白の豆柴は、息子さんが面倒を見ています。2頭の豆柴は体の大きさも、性格も全く違うのでその様子を細かく教えてくださいます。「猫も飼っているんだけど、その猫の餌も豆柴が時折食べちゃうんだよね」と笑いながら話す矢野さんは、本当にワンコやネコに囲まれた生活を楽しんでいらっしゃる方だと痛感しました。  いろいろな会話の中では、ショップを運営していく上で、とても参考になる貴重なアドバイスや応援の言葉を頂き感謝の気持ちで一杯です。この先も、豆柴の成長を教えてくださるそうなので「犬友」感覚になってしまった矢野さんです。
    2006-12-29
    石川県:尾村さん、豆柴のももちゃん女の子)
     尾村さんは、半年以上も前に「お問合せ」を頂いたのですが、身内の方に不幸があったりして、11月になってやっとご紹介ができました。ももちゃんは、本当に小振りな女の子で、8月10日生まれなので、もうすぐ生後5ヶ月になりますが、現在の体重は2.1キロです。食事を控えているわけでもなく、普通に過ぎしていますが、プチサイズのままなのです。尾村さんは、ももちゃんの体があまりに小振りなので、心配した時期もありましたが、食欲があり、元気いっぱいな様子に安心をして下さいました。親犬の体高が25~30センチサイズなので、ももちゃんも30センチ以下の愛くるしいままで、大人になるのでしょうね。獣医さんにワクチンに行った折も「栄養不足では?」の先生の言葉もあったのですが、滅多に見かけないサイズなので、そう判断されてしまったのでしょうね。尾村さんから携帯メールで連絡を頂きました。 もうすぐ5ヶ月になります。体重は2.1キロです!昨日は心配しましたが元気だしこんなに可愛い子です。有り難うございました(o^∀^o)
    添付ファイルが見つかりません
    2006-12-24
    東京都:JP&Kumiさん、ブルドッグのイヌちゃん(男の子)
    久美さんから、ブルドッグのお探しメールを頂いた時本当に運良く、見学に行かれる距離にブルドッグの出産がありました。このブリーダさんは過去に何回も、お世話になっている方なので、「渋木さん、見学に早く来ないと、決まってしまうよ。」とのことでしたので、早速、週末に出かけました。 見学には、久美さんとアメリカ人の男性と店長の3人で訪問しましたが、ブルドッグの兄弟を抱っこさせてもらったら彼は、一目で、最初に見た子が気に入った様子で、本当に『おとなしい。」との眼差しで、ブルを腕の中に入れたまま、離さないのが印象的でした。  このブリーダさんのブルは、骨量も豊富で、体型がしっかりしているので、見てくだされば必ず気に入って貰える自身はあったのですが、こんなに抱いたままの方も珍しいです。彼はブルを飼うために、住まいも転居して、ブルの部屋を用意してあるそうです。帰り道では、ブルの価格のことが話題になり、都内のペットショップに見に行った時は、今回の倍以上の価格だった様子で、「こんなに価格に差があるなんて吃驚しました。」と仰っていました。店長も、お安くて、良質なブルをご紹介出来て本当に喜び一杯の二人の笑顔
    2006-12-21
    山形県:遠藤さん、Mダックスフンドのルルンちゃん(女の子)
     12月に入ってすぐ、Mダックスのお問い合わせを下さった遠藤さんですが、正直、かなり厳しいご予算でした。ただコメント欄への記入が熱心な文章でしたので、ご希望条件に合うMダックスを一生懸命お探ししました。  幸いなことに、九州のブリーダーさんに条件にマッチした仔犬が見つかりました。すぐに、ご紹介したら、気に入ってくださいました。二人のお嬢様には内緒にしておいてので、空港での対面は、大きな喜びと、驚きがあったようです。  きっとこの先も「るるんチャン」は、お嬢様の遊び相手として、または心の友としてスクスクと成長してくれると思います。
    2006-12-07
    東京都:國武さん、豆柴のクロちゃん(女の子)
    10月下旬に豆柴を探しのメールを下さった國武さんですが、丁度、運良く、ご紹介出来て、ラッキーでした。 もう、今の時期でしたら、黒の女の子はいないので、何ヶ月も待っていただくことになってしまう所でした。お嬢様も小春ちゃんの到着を待っていましたので、今は学校から帰って来る大きな楽しみだ増えて、 「生き物をいたわる心」も育てられますね。小春ちゃんと小春プチママの健やかな成長が、目に浮かぶようです。
    2006-11-23
    東京都:菊池さん、豆柴のクロちゃん(女の子)
    菊池さんは10月下旬に豆柴、クロ、女の子をおさがしでしたが、タイミング良く、9月中旬生まれの仔犬をご紹介できました。やはりクロの豆柴は出産頭数が少ないので、長期間お待ちになる方も多いのですが、ラッキーでしたね。  クロちゃんは、最初から元気良く菊池家で過ごしましたが、一回便の調子が悪くなり、ママを心配させてしまいました。今はすっかり回復して、わが子のように可愛がられているクロちゃんです。
    2006-10-07
    大阪府の西島さん、柴犬のバニラちゃん
    6月に豆柴、白をお探しだった西島さんですが、出産がなくて、2ヶ月も待ってくださいました。出産情報をお知らせしたらすぐに、予約してくださり、ブリーダーさんにも足を運んで頂きました。 画像の通り可愛い顔立ちのバニラちゃんですが、お嬢さんのはーちゃんがママになってお世話してくれるので、楽しい日々を過ごしています。
    2006-08-28
    ユキ・バトラーさん 、柴犬・シロのフラッティちゃん(女の子)
    フワフワのぬいぐるみみたいな様子で、店長宅にお泊りしたフラッティちゃんは、本当に人懐っこい性格で、足元にまつわりついて思わず抱き上げたくなる可愛らしさで一杯でした。 体がしっかりした11月ころには、ご家族と一緒に渡米が決まっています。アメリカでも一番の人気者になることは間違いありませんね。
    2006-04-28
    愛知県の桑原さん、豆柴のレッド君(男の子)
    桑原さんは、昨年の12月から豆柴のオスを探していらした方です。桑原さんが決めてくださった前日に、売約済みになったりして、なかなか、タイミングが合わなかったのです。 3月6日生まれの豆柴は申し訳なかったけど、直ぐに予約をして頂きました。お届けまでの40日間程を本当に首を長くして待っていて「右京ちゃん」との愛称も早くから決まり、今は少し甘え過ぎ(?)の日々かも・・・
    2006-01-07
    北海道:Kさん、豆柴のくるみちゃん(女の子)
     北海道にお住まいのKさん(ご本人が匿名希望です)にくるみちゃんをお届けしたのは今年ほど暖冬でない去年の冬真っ只中!運悪く受渡し当日は 「北海道地方は大雪」の文字がネットの天気予報にも流れていて、店長も心配をしました。もちろんブリーダーさんは子犬のいために、保温材を入れてくださるのですが、それでも初めて親犬の元を離れての長旅で、その上初めて見た世界が白銀に銀世界と身を切るような冷気(もちろん室内に入れば充分あたたかいでしょうが、空港は寒かったでしょう)で心細かった移動でしょうね。 他の豆柴ちゃんが見られない雪の世界を見たくるみちゃんですが、暖かい室内と暖かい愛情に包まれて、本当に日本犬らしいお顔の女の子に成長しました。 犬が苦手だった奥様の心も溶かして賑やかな家族を作り上げていればなによりですね!