店長がゆく豆柴訪問記 vol.1

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
私の体に、犬の匂いが付いているので、気にして手などもクンクンとして匂いをとっていました。以前かららんちゃんパパが成長段階をきちんと、メモなさっていて、それをメールで知らせてくださったので、体重をわかっていたのですが、想像よりも、足などは細かったですね。5月12日で1歳のお誕生日が過ぎたのですが、体重は5.2キロとのことでした。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。おやつも、ボーロと煮干以外はあげてないそうで、健康的な日々を過ごしていますね。昼間はご夫婦で、お仕事に行かれるので、ゲージの横に「カメラ」を設置して、携帯アプリかららんちゃんの様子を見ることができるので、仕事で遅くなった時なども、様子を覗いてみるそうです。
やはり、賢い子だと感じたのは、朝、お二人がお仕事に出かける時も、ちゃんと理解していて、鳴いたりせずに、自分からキャリーケースに入って、寝てしまようです。最初のころは「甘噛み」がひどくて、スリッパなどは何足ダメにしたかわからないのですが、生後7~8ヶ月頃から自然に噛むことが収まってきて、今は、朝、起きたときに、噛むくらいで、大丈夫になっているそうです。
甘噛みに関してはいろいろな方策を試みるよりも、月齢が大きくなるのを待つだけの、心のゆとりが飼い主にあれば、すごく叱ったりしないのも賢い選択肢の一つかもしれません。

8月下旬には、らんちゃんも一緒にお泊りに出かける予定があり、新しい首輪をオーダーしていて、ちゃんと名前と電話番号が刻印されているそうで、迷子対策もバッチリされていました。
迷子の話しのときに、東日本大震災の話題になったのですが、らんちゃんは3.11を知らないので、震度3~4の揺れではまったく怖がる様子もなく、平然としているそうです。
体は小さいのに、肝っ玉は大きいのかもしれません。
奥様は、最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。
今では、すっかり日本犬の大ファンでブログに登場する豆柴や柴犬の名前も、とても良くご存知で、チェックなさっているそうです。
日本犬は我がままなところがないので、犬種選びで豆柴を選んだことは、楽しい愛犬生活の入り口に立てたことなので、良かったと思います。


帰りの新幹線でも、らんちゃんの顔が何度も目に浮かぶような状態でしたが、楽しい時間を一緒に過ごせて、本当に幸せでした。
Sさんのご好意に心から感謝しております。ありがとうございました。