エンタメ 映画 日本の犬を救おう! 映画「犬ヶ島」を観て、保護活動に支援を

少年にとって愛犬は唯一心を許せる親友だった。その犬を救いたい――。そんな少年の冒険をストップモーション・アニメで描いた米映画「犬ヶ島」が5月25日に全国公開された。この映画をきっかけに、動物保護活動を応援するオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」とWebメディアsippoが協力し、「日本の犬を救おうプロジェクト」を立ち上げた。10月31日まで、動物の保護活動を支援するための寄付を募る。

親友の犬を救い出しに

映画「犬ヶ島」の舞台は、20年後の日本。

――犬インフルエンザが蔓延したメガ崎市は、人間への感染を恐れ、すべての犬を「犬ヶ島」に追放してしまう。島には、お腹をすかせ、怒りや悲しみを抱えた犬たちであふれていた。そこに、親友だった愛犬のスポッツを救うため、12歳の少年アタリが、たった一人でのりこむ。アタリは、勇敢で心優しい5匹の犬と出会い、愛犬探しの冒険を始める――

映画はそんな少年と犬との冒険を描いたエンターテイメント作品だ。

ストップモーション・アニメは、静止した人形や物を少しずつ動かし、一コマずつ撮影して、あたかも動いているように見せる映画技法。その第一人者であるウェス・アンダーソンが監督した。映画には数多くの個性豊かな犬たちが登場し、野村訓市ら日本の俳優も声優として出演する。

毎日153匹ずつ殺される現実

そして、現在の日本。

飼われている犬や猫の数が、子どもの数を上回るペット大国だが、その一方で、飼育放棄されたり、野良として生まれたりした犬や猫が、1年間に約5万6000匹殺処分されている。毎日153匹が処分されている計算だ。

そうした犬猫を救おうと保護活動を続ける民間団体は多いが、えさ代や医療費など、どこも資金繰りに苦労している。

「日本の犬を救おうプロジェクト」はそうした保護団体を支援しようというもの。Amazon payの仕組みを使い、1000円から受け付ける。Amazonのアカウントがあれば、1分程度で手続きが可能だ。受け付けた寄付金は、アニマル・ドネーションを通じて、動物保護団体に配布される。

アタリ少年のように、たった一人で立ち上がることは難しいだろう。だが、みんなが少しずつお金を出し合い、力を合わせて、犬や猫を助けることは可能だ。

Sippo    2018/05/25  引用