トリュフ発見した犬きなこ、保護犬コルグと仲良く成長中!

1年前、散歩中にトリュフを見つけて人気者になった高知県馬路村の「うまじのパン屋」の愛犬きなこ。一年の月日が流れて子犬からすっかり大きくなった。きなこが村に来てから、日曜日になると遊ぶ友達がいる。実はきなこが馬路村に来るきっかけになった犬だ。
友達の名はコルグ。オスで、推定10歳。2016年11月19日夕方、村のエコアス馬路村の事務所に迷い込んだ。連絡を受けて駆けつけた村役場の動物担当だった乾大樹さん(33)が保護した。
村内放送で「飼い主はいませんか」と呼びかけた。2日過ぎても飼い主は現れない。誰かが村外から車に乗せてきて、捨てていったらしい。安芸市の安芸福祉保健所に引き取られた。

 

3週間後、乾さんは会議のため保健所を訪れた。ふと気になって、「あの犬、どうなりました」と尋ねた。檻(おり)の中にいた犬と目があった。乾さんを悲しそうな目で見つめ、「ワンワン」と鳴いた。
乾さんは犬を引き取って家に連れて帰った。一緒に住んでいた祖母は96歳で亡くなったばかり。「なんだか情がわいてしまいました」。親戚から犬小屋をもらい、コルグと名付けた。コルグとの暮らしが始まった。
乾さんが出勤する朝は、コルグは車をいつまでも見送る。帰った時は玄関でそっと待つ。「家で僕の帰りを待ってくれる存在です」と話す。休日には車に乗せてドライブするのが楽しいそうだ。「あの会議がなかったらコルグはどうなっていたか。運命ですかね」

 

 

■保護犬コルグがつないだ縁

パン屋を営む前田奉基(たてき)さん(45)と美佳さん(47)夫妻のところに、乾さんとコルグが遊びに訪れた。コルグを見て、夫妻は「犬を飼いたいという気持ちが高まりました」と振り返る。

夫妻は香川県から生まれたばかりの子犬をもらってきた。昨年1月のことだ。茶色だったので「きなこ」と名付けた。生後2カ月だったきなこは、すぐにコルグと遊ぶようになった。きなこが長いリードをくわえて、コルグを引っ張って戯れた。
1年が過ぎた今、きなこの体は2キロから20キロと大きくなった。久しぶりにきなこを見た小学2年の大野柚寿(ゆず)さん(8)は「わっ、シェパードみたい。小さいころ可愛かったよ」と叫んだ。
前田さん夫婦は「コルグがいなかったら、きなことの出会いもなかったかもしれません。不思議な縁ですね」と話す。
コルグときなこが遊ぶ光景を見ながら、前田さん夫妻と乾さんは「馬路村で犬のコミュニティーを作りたい」と話し合っている。

 

朝日新聞・朝日新聞|引用|2018/01/29