飼い主のイライラ、ストレスは犬に感染する、異種間で確認は初。

 

飼い主がためているストレスは、飼い犬に「感染」する――。そんな研究結果を、スウェーデンの研究者が英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。長期間にわたるストレスが、人から人へ伝わることは知られていたが、人と犬のような異種間で分かった例は初めてという。

スウェーデン・リンショーピング大のリナ・ロス主任研究員らは、室内で飼われているボーダーコリー25匹、シェットランド・シープドッグ33匹と、それぞれの飼い主の計58組について、ストレスの変化を1年にわたり調べた。

ストレスを感じると分泌されるホルモン「コルチゾール」がどれくらい毛髪に含まれているか調べたところ、季節や運動量にかかわらず、飼い主のコルチゾールが多いと、犬も同様に多かった。特に障害物を飛び越えさせ、服従心や機敏性を争う競技に参加する犬は飼い主と同じようにストレスを感じる割合が高かった。触れあう時間が長いためとみられる。

また、神経質だったり社交的だったりといった飼い主の性格は犬のストレスの変化に影響していたが、犬の個性は飼い主のストレスにほとんど関係なかった。このため、ストレスは飼い主から犬へ伝わったと研究チームはみている。

チームは今回の結果は、1万5千年前から共生してきた人と犬の関係の強さを裏付けるものだといい、「ストレスと健康は人間社会でも大きな関心事でもあり、今回の結果は犬の福祉を考える上で役に立つかもしれない」と指摘している。

SIPPO   7月15日 引用