愛護センター「しっぽの森」開所 犬猫高い殺処分率から脱却へ

 香川県と高松市が共同で整備していた「しっぽの森」(さぬき動物愛護センター)が10日、同市東植田町にオープンした。県内は昨年度、犬の殺処分数と率がいずれも全国最悪。センターは犬猫の譲渡と飼い方の指導に特化し、ワースト脱却をめざす。

 センターは、公渕森林公園内の2700平方メートルに、県と市が約4億3千万円をかけて940平方メートルの建物を整備。前面はガラス張りで、開放的なつくりになっている。

 中庭には、飼い犬や譲渡犬と一緒に遊べる芝生のドッグランが広がる。施設内には、猫との「ふれあいルーム」や、啓発イベントなどを開く多目的ホール、譲渡対象の犬猫を調べられるコーナーがある。

 ほかに、避妊・去勢手術をする手術室、トリミングルームも。最大で犬60匹、猫30匹を飼育でき、飼い主を待つ犬猫が「子犬舎」「成猫舎」などの部屋ごとに暮らす。殺処分をするための設備はない。

 県によると、昨年度の犬の殺処分数は1711匹。保健所に収容した数の69.4%にあたり、数・率ともに全国ワーストだった。猫は収容数の61.7%にあたる657匹を殺処分し、いずれも全国20位台だった。

 センターは、県内5カ所の保健所にあった譲渡の窓口を一本化。保健所に収容された動物のうち、人への攻撃性が低く、健康な犬猫を譲渡対象としてセンターで飼う。獣医師やトレーナーらが、持病の検査や避妊・去勢手術、基本的なしつけをする。

 従来は、保健所で引き取り手が現れないと、1~2週間で殺処分していた。センターは原則、飼育期間に目安は設けないという。

 今後は、引き取られやすそうな犬猫だけをセンターに移すことになる。藤明洋和所長は「命の選別をしているという批判もあるが、譲渡のサイクルを回し、少しでも多くの命をつなぐことが我々の役割」と話す。

 譲渡には、毎週水・日曜に開く講習会への参加が必須。家庭での飼育環境や、犬や猫との相性を確認して引き渡す。

 開館時間は午前8時半~午後5時15分。月曜休館。問い合わせは087・849・1011へ。

Sippo 3月15日 引用