犬を飼うことは「子育てと同じ」 それぞれの個性を受け入れて

人に性格や個性があるように、犬にも性格や個性がある。楽しいはずの犬2匹との暮らしだったが、2匹の距離がなかなか縮まらない。そんな時、母はかつての子育てを思い出し、2匹への接し方を変えた。

 神奈川県の佐藤さん宅は、トイプードルの風歩(ふうぽ、8歳メス)と、雑種の木空(もくく、6歳オス)の2匹の犬と暮らしている。母のきょう子さん(46)と、娘の晴菜さん(25)が迎えてくれた。

風歩は部屋の奥で女の子らしく静かに座り、木空はやんちゃ坊主そのものというように部屋の真ん中で両足を上に向けて寝そべっていた。

「風歩は繊細で、木空は天真爛漫。性格がぜんぜん違うんです」ときょう子さんが紹介すると、「2匹に家族みんなが癒やされているよね」と晴菜さんが微笑んだ。

何でも話せる相手
 佐藤家が犬を迎えたのは、夫妻が結婚して15年以上たち、娘と息子が中高生になってからだった。

 きょう子さんが近くのペットショップで家族募集の貼り紙を見つけ、子どもと一緒に通うようになり、そこで出会ったのが風歩だった。

「繁殖を終えた犬たちの中に生後半年の風歩がいて。普段は隅に隠れているのに、なぜか私の膝に乗って寝ちゃったんです。縁を感じて我が家に来てもらいました」

張り詰めるような緊張感を一気になごませる、玉ノ井部屋の看板犬・銀太くん
SPONSORED CONTENT ブルーバッファロー・ジャパン
 風歩は床を歩く音や、携帯のピッという音に敏感で、ケージから出て普通に過ごせるまでに半年かかった。そんなデリケートな風歩に、思春期だった晴菜さんは自身を重ね合わせた。

「学校から帰ると、まっさきに風歩のもとに行きました。『今日いやなことがあったんだ』と号泣して風歩にしゃべっていたら、部屋の隅にいた弟に聞かれてしまったことも(笑)。父が落ち込んでるような時にも、風歩は寄り添っていました」

人懐っこい犬
 やっぱり犬って素敵……そう思った母きょう子さんは2匹目が欲しいと思い、保護犬のブログなどをのぞいていた。そんな時、1匹の犬を見つけた。

「保護団体アグリドッグレスキューが千葉の動物愛護センターから引きだした『もくちゃん』と呼ばれていた雑種で、受け口で目がくりくりで愛嬌たっぷり。気になってブログを見ていたんですが、何でこんなに可愛い子が決まらないの。私なら、もくちゃんが一番いいのに…。うちでどうかと、また夫を説得しました」

風歩が家に来て2年後、家族みんなで、木空に会いに行った。

「2匹はどうかと渋っていた夫も、会ったらメロメロで、うちで迎えることにしたんです。木空は初日から物怖じせず、シッポを振って風歩に近づきました。『風歩にも良い仲間ができるね』なんて家族で話していました。でも、それは勘違いでした」

予想外だった2匹の関係
 風歩は当時生後6カ月の木空のテンションをなかなか受け入れられない様子で、甘嚙みも強くなり、心を閉ざした。「つらい時期だった」と母のきょう子さんが振り返る。

「どこまでが遊びか、ケンカか。どこまで介入したらいいのか分からず戸惑いました。木空の伸びやかさを止めたくないし、犬の間に人が入ってはいけないような気がして見守っていたんです。でも風歩の毛色が悪くなり、体にぎゅっと力が入るようになってしまって……。保護団体に相談したら、犬のしつけ教室を紹介してくれました」

 教室に2匹を連れていくと、トレーナーから意外なことを言われたという。

「風歩には今までと同じような生活をさせてあげて、もし木空のふるまいを風歩が嫌がるそぶりを見せたら、風歩を抱いてあげてください」

きょう子さんは「アドバイスを聞いたとたんに思い込みから解放され、力を抜いて関われるようになりました。子育てと同じで、悩みを抱えこまず、違う意見を聞くのが大事ですね。20数年前の子育てを思い出しました。晴菜も小さい時に弟に対してそうだったなあって……」と振り返る。

Sippo 12月17日 引用