リコちゃんをお届けしました。

今日は、リコちゃんを新しいご家族のもとにお届けの日でした。

ご招待して頂きましたので、Sさんのご自宅までおじゃましましたが、お庭が広くて、そこにもう犬小屋も準備してあったのです。
御主人が子犬の迎えるために9月ころから少しずつホームセンターで材料を購入して、コツコツと作ったそうで、その過程も楽しかったご様子でした。
子犬は到着したら、この中で過ごさせる予定で、寒くないように風を防ぐための工夫もされていました。
この画像だと、ちょっとサイズがわかりにくいのですが、ビッグサイズで秋田犬でも入れそうな犬小屋で、今は犬の置物が住人になっていました。
リコちゃんが、ここで過ごすのは、まだだいぶ先のことになるでしょうね。
豆柴のあわびちゃん
豆柴のあわびちゃん
主に外で過ごさせる予定でいらしたようですが、家の中にゲージとトイレトレーは準備してあったので、取り敢えずリコちゃんは、その中に入ってもらい、書類の説明などをしていたら、ちゃんとトイレトレーの上で排便をした賢いリコちゃんでした。
新品のトレーで匂いもないし、カバーのスノコが付くタイプだったのに、よく理解できて偉かったです。
「リコちゃん」と言う名前の名付け親のお嬢さんです。犬が大好きで抱きかたも上手で、笑顔がとてもステキな方なので、本当はいろいろとお話ししたかったのですが、仕事でおじゃましているので、そうもいきませんでした。
豆柴のあわびちゃん
Sさん宅で昼食までご馳走になり、太陽の光が燦々と降り注ぐリビングは、とても心地良いお部屋でした。
ゲージの中にキャリーケースを入れてあげたら、そのうちにリコちゃんは、その中でスヤスヤと寝てしまいました。
夜もキャリーケースの中で寝る練習をお願いしてきたので、今頃はちゃんと寝ているころでしょうね。
帰りにはお土産まで頂戴して、本当にありがとうございました。
豆柴のあわびちゃん