TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。
滝川クリステルも見限った「ピースワンコ」の捨て犬虐待(1/2) 犬の殺処分など、ないほうがいいに決まっているが、救ったはずが殺処分より酷い虐待を加えているなら……。「殺処分ゼロ」を掲げて浄財を集める「ピースワンコ」。滝川クリステルも見限ったその偽善の実態を、内部で働いた獣医師、竹中玲子さん(54)が告発する。  その昔、「てめえら人間じゃねえや、叩き斬ってやる!」という決め

»続きを読む
国の天然記念物にも指定されている犬が、今、数を減らしている。その“かわいさ”で人気を集める一方で、何が起きているのか。現地を取材すると、深刻な状況が見えてきた。 ◆海外でも注目!日本古来の犬に“危機”? フィギュアスケートのオリンピック金メダリスト、ザギトワ選手に贈られ話題沸騰となった秋田犬。ザギトワ選手のインスタグラムには、贈られたメスの「マサル」が立派に育っている様子が投稿

»続きを読む
 モフモフの頭や小さい耳がかわいらしい雑種犬「アンクス・マルキウス」くん(以下、アンクスくん)は、推定6歳のオス。山の中で群れをなしていた野犬の中の1匹だった。今では引き取られ、一家のアイドルになっている。  アンクスくんは、神戸市の北部にある山中で生まれ育った。約40匹で群れをなしていたという。ハイキングコースにも出没するようになったため、保健所に通報が入り、捕獲に乗り出す直前、動物保護団

»続きを読む