TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。
内視鏡を使ってニホンイヌワシを診察する医療チーム=盛岡市の岩手大学動物病院 動物園や水族館の動物を専門的に治療する医師団が岩手県盛岡市で発足した。岩手大動物病院にある診療科を拠点に、各地の獣医師が連携しながら診察にあたっている。診療費の捻出が難しい施設には医師団側で負担することもあり、活動資金を集めている。 11月、動物病院の「動物園水族館動物診療科」で天然記念物ニホンイヌワシの診療があっ

»続きを読む
研修を定期的に受ける平端弘美さん。動き回る大型犬をなんとか落ち着かせる訓練をした 高齢の犬の介護を手伝ったり、介護予防の方法を飼い主に指導したりする民間資格「老犬介護スペシャリスト」の有資格者、多摩市の平端弘美さん(58)が今月、多摩地域で初めて同資格の上位資格にあたる「ペットケアマネージャー」に認定された。人間と同様に高齢化するペット。介護予防の啓発などに取り組む役割を担う。 老犬のリハ

»続きを読む
写真拡大 イギリスとアイルランドの間にあるアイリッシュ海に浮かぶマン島で先月20日、グレート・デーンとアメリカン・ブルドッグのミックス犬が自然分娩で21匹の赤ちゃんを出産した。「最も多く子犬を生んだ犬」の世界記録は帝王切開による24匹で、今回の出産が正式に認められればギネス世界記録達成となる。 英国の自治保護領であるマン島で先月20日、獣医や飼い主のジョアン・ハインさん(Joann

»続きを読む