TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。
 モフモフの頭や小さい耳がかわいらしい雑種犬「アンクス・マルキウス」くん(以下、アンクスくん)は、推定6歳のオス。山の中で群れをなしていた野犬の中の1匹だった。今では引き取られ、一家のアイドルになっている。  アンクスくんは、神戸市の北部にある山中で生まれ育った。約40匹で群れをなしていたという。ハイキングコースにも出没するようになったため、保健所に通報が入り、捕獲に乗り出す直前、動物保護団

»続きを読む
65歳以上の6人に1人が単身で暮らす時代、そのかたわらで共に老い、時に生きがいや励みにもなるペットたちは、大きな存在です。ペットと暮らす単身高齢者たちに、その幸せや覚悟について、聞きました。 「この子のために、1日でも長く元気でいないと」  大阪市住之江区に住む橋本都子(くにこ)さん(74)の朝は、推定11歳の雌猫・月子の「ふみふみ」から始まる。おなかの上にそっと乗ってきて、せっせ

»続きを読む
ぼろぼろになって保護されたオスの老犬がいた。海を渡って引き取られた米国の家では「妻子」が暮らしていた。運命の再会に関係者は驚いている。  片耳はちぎれ、足の指の一部が切断されていた。汚れてガリガリにやせ、人を見るとおびえた。  2016年4月、高知県土佐清水市で1匹の犬が保護された。見かけはビーグルのようで、大型犬くらいの大きさの雑種。推定10歳以上。体は傷だらけだった。野良犬

»続きを読む