TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。
最大震度7を観測した北海道胆振東部地震で、不明者の捜索活動にあたったシェパードの警備犬シシマル(オス、3歳)に防衛相からの褒章状が伝達された。  シシマルは昨年、航空自衛隊千歳基地(千歳市)に配備された。地震発生直後の9月6日に現場に入り、19人が亡くなった厚真町吉野地区を主に捜索。3件の不明者発見に関わった。  今月5日の伝達式では、同基地の寺崎孝行司令が「訓練の成果が発揮さ

»続きを読む
動物の保護活動をおこなっているNGO「Life Investigation Agency」(LIA)は10月11日、2017年度の犬猫種別の収容数・殺処分数を集計した調査結果を発表した。犬に関しては、ミニチュア・ダックスフンドやトイ・プードルなど、純血種の収容数や殺処分数が目立つことから、同団体は「繁殖業者や販売業者にも責任がある」として、近く予定されている動物愛護法改正で、業者規制を強化

»続きを読む
動物愛護法の改正について考えるシンポジウムが10月4日、東京・永田町の衆議院第1議員会館で開かれた。主催した公益財団法人「動物環境・福祉協会 Eva」代表で、女優の杉本彩さんは「ペット産業や一般家庭、動物園、動物保護団体で、動物虐待やネグレクトが顕在化しているが、法律がまったく機能していない」と指摘した。 杉本さんはさらに、「2020年東京五輪パラリンピックもあり、日本は、世界中から

»続きを読む