TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。
リニューアルされたsippoを含め、5つのバーティカルメディア(特定のジャンルを深掘りするメディア)が誕生したのを記念して、サイトを運営する朝日新聞社が7月9日、「朝日メディアフォーラム」を東京で開催しました。sippoで写真コラムを好評連載中の人気スタイリスト、大日方久美子さんがスペシャルゲストとして参加。山田裕紀編集長とトークセッションしました。 現在、3匹の保護犬と暮らしている

»続きを読む
保護された「くーちゃん」と長沢由起子さん=14日午後6時41分、福岡県太宰府市 福岡県筑紫野市の山中で飼っていたイヌの様子を見に行き、豪雨による土砂崩れに巻き込まれて亡くなった山崎ツギ枝さん(68)=同県宇美町=が助けようとしていた3匹のうち、1匹が生きていた。所属していた捨て犬保護のボランティア団体のメンバーが14日、山中で発見した。 団体を主宰する長沢由起子さん(67)によ

»続きを読む
1歳のお誕生日をワンコ用の立派なケーキでお祝いしてもらった琥太郎ちゃんです。 「これ本当に食べていいのかな?」みたいな表情が可愛いですね。 ちょうどお嬢さんもお誕生日が一緒なので、ダブルでお祝いの日になりました。

»続きを読む