TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。

詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-01-26


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-01-26


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-01-16


詳細を見る

性別:メス

誕生:2016-10-09


詳細を見る

性別:メス

誕生:2016-09-28


詳細を見る

性別:メス

誕生:2016-09-28


詳細を見る

性別:オス

誕生:2016-09-28


詳細を見る

性別:オス

誕生:2016-09-28


詳細を見る

性別:メス

誕生:2016-10-09


詳細を見る

性別:オス

誕生:2016-10-09


詳細を見る

性別:オス

誕生:2016-11-07


詳細を見る

性別:オス

誕生:2016-11-07


詳細を見る

性別:メス

誕生:2016-12-15


詳細を見る

性別:オス

誕生:2016-11-15


詳細を見る

性別:メス

誕生:2016-12-15

不合格を重ねながらも警察犬の試験に挑戦する姿が評判になったラブラドルレトリバーの「きな子」(メス・14歳)が20日午後5時ごろ、丸亀警察犬訓練所で死んだ。眠るような最期だったという。 きな子は2004年から6年連続で警察犬の試験に失敗。それでも奮闘する様子が評判を呼び、映画も作られた。映画公開の10年には、トップの成績で合格、嘱託警察犬になった。引退後もキャンペーンなどで活躍し、昨年には

»続きを読む
高齢者が高齢のペットの面倒を見る「老老介護」、親の介護に加えてペットの介護もする「二重介護」……。ペットの長寿化が進む中、様々な事情でペットと一緒の生活が難しくなる飼い主たちがいる。そんな飼い主のニーズに応え、ペットをみとりまで世話し続ける施設が静岡県内にある。 三島市芙蓉台3丁目の老犬ホーム「富士の里」。NPO法人「日本アニマルセラピー協会」(神奈川県大和市)などが運営する同施設は20

»続きを読む
3月20日にウルちゃんをお届けのために大阪まで出かけました。 お客様も遠方から一生懸命にいらして下さり、ありがとうございました。 ウルちゃんをお世話してくれる息子さんも一緒にお見えになり、愛おしそうにウルちゃんを抱っこしていました。 息子さんのいい相棒になってくれることでしょう。

»続きを読む