TOP

豆柴 販売にこだわりを持って販売しております。

なぜ豆柴 販売にこだわるのか? 日本古来の犬種である柴犬と同じ気質を持ち、心身ともに強くて頭がよく小ぶりなのが、魅力的で、室内でも育てられる賢い犬種だからです。
豆柴へのこだわり 日本全国で柴犬のブリーダーさんの数は多いのですが、豆柴のブリーダーさんの数は少ないのです。 数は少ないながらも、豆柴 販売にこだわり日々サイズの固定化に努力と工夫を重ねる、信頼できるブリーダーさんに巡りあえたことが、皆様に適正な豆柴価格でご紹介できる原動力になっています。

元気な子犬をお届けできる理由はここをクリック

豆柴・赤・女の子のらんちゃんを育てている、仙台市在住の、Sさんのご家庭に訪問をさせて頂きました。
体は小さいのですが、丈夫で予防接種以外は獣医さんにかかったこともなく、スクスクと成長しているらんちゃんです。
最初は「トイプードル」か「ポメラニアン」がいいなぁ~と考えていたそうですが、店長がご紹介した画像で「豆柴ちゃん、可愛い」と思って頂けて、1ワンドットコムとご縁が出来ました。

続きはここをクリック»

出産情報

写真をクリックすると画像が拡大します。

詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-10-28


詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-10-28


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-10-28


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-10-19


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-10-19


詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-09-29


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-09-29


詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-08-07


詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-08-07


詳細を見る

性別:メス

誕生:2017-08-07


詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-08-20


詳細を見る

性別:オス

誕生:2017-07-31

介助犬への理解を深めてもらおうと、岡山県赤磐市立山陽小学校で8日、県内第1号の介助犬ペアである藤原智貴さん(43)=岡山市中区=とラブラドルレトリバーのダイキチ(3歳、オス)が、実演を交えながら普段の生活を紹介した。 参加したのは同小学校の4年生70人。8年前、サーフィンの練習中に首をケガして胸から下と手が動かせなくなったという藤原さんは「ダイキチには携帯電話を持ってきてもらったり、服を

»続きを読む
昨夜からペットの具合が悪そうだ。でも「ペットの体調」を理由に仕事を休んだり、遅刻したりは出来ない。そんな飼い主たちのために、朝7時から診察を始める動物病院が山口市にある。今年11月に開業2年を迎えた「西京の森どうぶつ病院」だ。動物たちの命を救うためベストの態勢づくりをと、取り組みを続けている。 6日午前7時。どうぶつ病院の診察が始まった。空はまだ薄暗いが、早速、受付に飼い主が訪れた。近く

»続きを読む
名古屋市西区の和だこ製造卸「凧茂(たこも)本店」で、来年の干支(えと)「戌(いぬ)」の和だこづくりが最盛期を迎えている。美濃和紙に、犬の土人形を描き、竹の骨と糸をつけて仕上げる。同店6代目の山田直樹さん(31)は「運気が上がる縁起物ですので、ぜひ正月に揚げてみて下さい」という。 朝日新聞・朝日新聞|引用|2017/12/11

»続きを読む